第1部 指導管理等
医科診療報酬点数表
 
  区 分  B001・10 入院栄養食事指導料

 
              130点
 入院中の患者であって,別に厚生労働大臣が定める特別食を必要とするものに対して,医師の指示に基づき管理栄養士が具体的な献立によって指導を行った場合に,入院中2回を限度として算定する。
(入院栄養食事指導料について)
 
(1)
 入院栄養食事指導料は,入院中の患者であって,別に厚生労働大臣が定める特別食を医師が必要と認めた者に対し,管理栄養士が医師の指示せんに基づき,患者ごとにその生活条件,し好を勘案し,食品構成に基づく食事計画案又は少なくとも数日間の具体的な献立を示した栄養食事指導せん又は食事計画案を交付し,概ね15分以上指導した場合に入院中2回を限度として算定する。ただし,1週間に1回を限度とする。
           (平16.2.27保医発0227001)
 
(2)
 入院栄養食事指導料とB006-2退院指導料を同一日にあわせて算定することはできない。
           (平16.2.27保医発0227001)
(3)
 入院栄養食事指導料を算定するに当たって,上記以外の事項は本区分「9」の外来栄養食事指導料における留意事項の例による。
           (平16.2.27保医発0227001)
(入院栄養食事指導料の対象特別食)

 特掲診療料の施設基準等
第三 指導管理等
七 外来栄養食事指導料,入院栄養食事指導料及び集団栄養食事指導料に規定する特別食
 疾病治療の直接手段として,医師の発行する食事せんに基づき提供された適切な栄養量及び内容を有する別表第三に掲げる特別食
別表第三 外来栄養食事指導料,入院栄養食事指導料,集団栄養食事指導料及び在宅患者訪問栄養食事指導料に規定する特別食
 腎臓食
 肝臓食
 糖尿食
 胃潰瘍食
 貧血食
 膵臓食
 高脂血症食
 痛風食
 フェニールケトン尿症食
 楓糖尿症食
 ホモシスチン尿症食
 ガラクトース血症食
 治療乳
 経管栄養のための濃厚流動食
 無菌食
 特別な場合の検査食(単なる流動食及び軟食を除く。)
     (平16.2.27厚生労働省告示第50号)
(最終改正;平16.3.19厚生労働省告示第116号)

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき