第2節 核医学診断料
医科診療報酬点数表
 
  区 分  E101 シングルホトンエミッションコンピューター断層撮影
             ( 同一のラジオアイソトープを用いた一連の検査につき)

 
             1,800点
(シングルホトンエミッションコンピューター断層撮影について)
 
 
(1)
 シングルホトンエミッションコンピューター断層撮影は,同一のラジオアイソトープを使用した一連の検査につき,撮影の方向,スライスの数,撮影の部位数及び疾病の種類等にかかわらず所定点数のみにより算定する。
           (平16.2.27保医発0227001)
 
 
 
(2)
 検査に当たって,画像及び情報をコンピューターにより解析処理を行った場合にあっても所定点数のみにより算定する。
           (平16.2.27保医発0227001)
 
注1
 甲状腺シンチグラム検査に当たって,甲状腺ラジオアイソトープ摂取率を測定した場合は,所定点数に100点を加算する。
 
 
 新生児又は3歳未満の乳幼児(新生児を除く。)に対して断層撮影を行った場合は,所定点数にそれぞれ所定点数の100分の30又は100分の15に相当する点数を加算する。
 「注2」の加算における所定点数とは,加算を含まない点数である。
           (平16.2.27保医発0227001)
 
 
 負荷試験を行った場合は,負荷の種類又は測定回数にかかわらず,所定点数の100分の50に相当する点数を加算する。
 「注3」の加算における所定点数とは,加算を含まない点数である。
           (平16.2.27保医発0227001)
 
 
 ラジオアイソトープの注入手技料は,所定点数に含まれるものとする。
 
 
 使用したラジオアイソトープの費用は,薬価が15円を超える場合は,薬価から15円を控除した額を10円で除した点数につき1点未満の端数を切り上げて得た点数に1点を加算して得た点数とする。ただし,薬価が15円以下である場合は算定せず,ラジオアイソトープの薬価は,別に厚生労働大臣が定める。
 ラジオアイソトープの費用を算定する場合は,「使用薬剤の薬価(薬価基準)」の定めるところによる。
           (平16.2.27保医発0227001)
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき