歯科 第2章 特掲診療料 第13部 歯科矯正 第1節 歯科矯正料

N006 印象採得(1装置につき)

TOP平成28年診療報酬点数表歯科第2章 特掲診療料第13部 歯科矯正第1節 歯科矯正料 > N006 印象採得(1装置につき)

N006 印象採得(1装置につき)

  1. 1 マルチブラケット装置
    40点
  2. 2 その他の装置
  3. イ 印象採得が簡単なもの
    143点
  4. ロ 印象採得が困難なもの
    265点
  5. ハ 印象採得が著しく困難なもの
    400点

保険医療材料料は、所定点数に含まれる。

通知

(1) 歯科矯正における印象採得は、床装置、アクチバトール(FKO)等装置ごとに算定する。

(2) マルチブラケット装置の印象採得をステップⅠ、ステップⅡ、ステップⅢ及びステップⅣの各ステップにおいて行った場合は、各ステップにつき1回を限度として算定する。

(3) 「2のイ印象採得が簡単なもの」に該当するものは、先天性異常が軟組織に限局している場合をいう。

(4) 「2のロ印象採得が困難なもの」に該当するものは、先天性異常が硬組織に及ぶ場合若しくは顎変形症の場合をいう。なお、硬組織に及ぶ場合とは、先天性異常として骨の欠損及び癒合不全、著しい顎の過成長及び劣成長を伴うものをいう。

(5) 「2のハ印象採得が著しく困難なもの」に該当するものは、(4)に該当する場合であって前後又は側方の顎の狭窄を伴うため顎の拡大の必要がある場合又は残孔の状態にある場合をいう。

(6) リトラクター又はプロトラクターを製作するために顎顔面の採型を行った場合は、「2のハ印象採得が著しく困難なもの」により算定する。

(7) 双線弧線装置を使用して歯科矯正を行う場合の第1回目の装置の印象採得は本区分の「1 マルチブラケット装置」を、装着は区分番号N008に掲げる装着の「1のロ固定式装置」及び装置は区分番号N018に掲げるマルチブラケット装置の「1のロ 4装置目以降の場合」により算定するものとし、第2回目以降の装置は区分番号N018に掲げるマルチブラケット装置の「1のロ4装置目以降の場合」のみを算定する。
なお、区分番号N008に掲げる装着の「注1」又は「注3」の加算は、各区分の算定要件を満たしている場合に算定する。

 
この区分についての質問を見る

新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき