歯科 第2章 特掲診療料 第4部 画像診断 第2節 撮影料

E100 歯、歯周組織、顎骨、口腔軟組織

TOP平成28年診療報酬点数表歯科第2章 特掲診療料第4部 画像診断第2節 撮影料 > E100 歯、歯周組織、顎骨、口腔軟組織

E100 歯、歯周組織、顎骨、口腔軟組織

  1. 1 単純撮影
  2. イ 歯科エックス線撮影
  3. ( 1 ) 全顎撮影の場合
  4. ① アナログ撮影
    250点
  5. ② デジタル撮影
    252点
  6. 2 ) 全顎撮影以外の場合(1枚につき)
  7. ① アナログ撮影
    25点
  8. ② デジタル撮影
    28点
  9. ロ その他の場合
  10. ( 1 ) アナログ撮影
    65点
  11. ( 2 ) デジタル撮影
    68点
  12. 2 特殊撮影
  13. イ 歯科パノラマ断層撮影の場合
  14. ( 1 ) アナログ撮影
    180点
  15. ( 2 ) デジタル撮影
    182点
  16. ロ歯科パノラマ断層撮影以外の場合(一連につき)
  17. ( 1 ) アナログ撮影
    264点
  18. ( 2 ) デジタル撮影
    266点
  19. 3 歯科用3次元エックス線断層撮影(一連につき)
    600点
  20. 4 造影剤使用撮影
  21. イ アナログ撮影
    148点
  22. ロ デジタル撮影
    150点

1 1のイについて、咬翼法撮影又は咬合法撮影を行った場合には、10点を所定点数に加算する。

2 新生児(生後28日未満の者をいう。以下この表において同じ。)、3歳未満の乳幼児(新生児を除く。)又は3歳以上6歳未満の幼児に対して撮影を行った場合は、当該撮影の所定点数にそれぞれ所定点数の100分の80、100分の50又は100分の30に相当する点数を加算する。

3 3について、同一月に2回以上行った場合は、当該月の2回目以降の撮影については、所定点数にかかわらず、一連につき所定点数の100分の80に相当する点数により算定する。

4 3について、造影剤を使用した場合は、500点を所定点数に加算する。この場合において、造影剤注入手技料及び麻酔料は、加算点数に含まれる。

通知

(1) 第1節診断料の区分番号E000に掲げる写真診断の(1)から(8)までは、本区分についても同様である。

(2) 歯科用3次元エックス線断層撮影は、疾患の種類等にかかわらず、所定点数のみにより算定する。

(3) 「注4」に規定する「3 歯科用3次元エックス線断層撮影」における「造影剤を使用した場合」とは、腔内注射等により造影剤使用撮影を行った場合をいう。

(4) 造影剤を使用しない歯科用3次元エックス線断層撮影を行い、引き続き造影剤を使用して撮影を行った場合は、所定点数及び造影剤の使用による加算点数のみにより算定する。

(5) 造影剤使用撮影とは、顎関節腔、上顎洞又は唾液腺に造影剤を注入して行った場合をいう。

 
この区分についての質問を見る

新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき