医科 第2章 特掲診療料 第10部 手術 第1節 手術料 第6款 顔面・口腔・頸部 (唾液腺)

K450 唾石摘出術(一連につき)

現在表示されているのは過去の点数表で、情報が古い可能性があります。令和元年度の点数表はこちらとなります。

K450 唾石摘出術(一連につき)

  1. 1 表在性のもの
    640点
  2. 2 深在性のもの
    3,770点
  3. 3 腺体内に存在するもの
    6,550点

2又は3の場合であって内視鏡を用いた場合は、1,000点を所定点数に加算する。

通知

(1) 「1」表在性のものとは、導管開口部付近に位置する唾石をいう。

(2) 「2」深在性のものとは、腺体付近の導管等に位置する唾石をいう。

(3) 所期の目的を達するために複数回実施した場合であっても、一連として算定する。

この区分についての質問を見る

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき