医科 第2章 特掲診療料 第10部 手術 第1節 手術料 第9款 腹部 (胆嚢、胆道)

K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)

現在表示されているのは過去の点数表で、情報が古い可能性があります。令和元年度の点数表はこちらとなります。
TOP平成30年診療報酬点数表医科第2章 特掲診療料第10部 手術第1節 手術料第9款 腹部(胆嚢、胆道) > K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)

K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)

  1. K678 体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)
    16,300点

通知

(1) 当該技術の適応となる胆石は、次の要件を満たすもののうち、胆石破砕術の適応となるものである。
ア 胆嚢結石症の既往があるもの
イ 胆?に炎症がなく、胆?機能が良好な胆?結石症又は肝内・総胆管内結石症

(2) 「一連」とは、治療の対象となる疾患に対して所期の目的を達するまでに行う一連の治療過程をいう。数日の間隔をおいて一連の治療過程にある数回の体外衝撃波胆石破砕を行う場合は、所定点数を1回に限り算定するものであり、その後に行われた同一目的の手術の費用は、所定点数に含まれ別に算定できない。

(3) 体外衝撃波胆石破砕によっては所期の目的が達成できず、他の手術手技を行った場合の費用は、所定点数に含まれ別に算定できない。

この区分についての質問を見る

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき