医科 第2章-第3部 検査
ニックネーム:ゲスト さん 
質問掲示板検索(NEW)
Loading

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.19389 ジビチャン さん  兵庫県 医事職員 2017/10/06
タイトル:

溶連菌検査と細菌培養同定検査について

すいません。教えて下さい。細菌培養同定検査と溶連菌検査は同日に検査をしても溶連菌で算定するとの事で認識していたのでが、先日、細菌培養同定検査の部位がその他で、病名が溶連菌と中耳炎が付いていたら両方算定できると聞いたのですが算定は出来るのですか?
 
 
たまご さん 兵庫県 医事職員 2017/10/09
お疲れ様です。
同じ兵庫県です。

私も部位が違ったら算定出来るのではないかと思ったのですが、
医師会の方に問い合わせたら、培養の部位が違っていても細菌培養同定と溶連菌の検査は同日算定出来ないと返答をいただきました。
(うちの場合は、泌尿器の培養と溶連菌でした)

参考になりましたら。
【質問者からのお礼】
 すいません。返事が遅くなって申し訳ございません。
他にも同じように疑問に思う方もいたのですね!有難うございました。
また何かありましたらお願いします。
MT さん 福岡県 検査技師 2017/10/09
検査する側から

まず、「溶連菌」は病名ではありません。ので「溶連菌性中耳炎」であれば正式病名です。

検査日当日に、溶連菌を疑って迅速検査を行っていれば、病名が「溶連菌〇〇症」と断定されてしまうので、同定検査は加算できません。

また、中耳の膿を培養して、他の菌が検出されても「溶連菌」を推測して迅速検査を一度判断しているので、再度「培養」は、行っていないと厚労省キャリアは考えていて加算できないことになります。

私たち検査側としておかしいとは思いますが、厚労省キャリアの机上の論理に負かされているのが現状です。

結論として迅速検査を行えば、同時に培養同定検査は算定不可ということです。


【質問者からのお礼】
 すいません。お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
詳しく教えていただいて有難うございました。とても
勉強になりました。
また分からない事がありましたら御願いします。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 

新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき