医科 第2章-第2部 在宅医療
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.19608 じぇった さん  千葉県 医事職員 2018/06/14
タイトル:

別世帯の同一建物居住者の在医総管について

お世話になります。

同じ家に住む、別世帯の患者さん2人に訪問診療を行った場合の
在医総管、訪問診療料の算定についての質問です。

例えばご兄弟で同じ家に住んでいる方の場合、
生計は別なので、ご夫婦の時とは異なり、
在医総管は2~9人、訪問診療料は2の203点を算定するのでしょうか。

ご夫婦などの同一世帯はそれぞれが在医総管1人の枠の算定で
訪問診療料がお一人は1の833、お二人目が再診料という形となっているのに
別世帯となると在医総管が2~9人で訪問診療料も2になってしまうのでしょうか。

同一患家というのが別世帯でも当てはまるのかどうか
よくわからなかったので教えて頂けると大変助かります。
宜しくお願い申し上げます。
 
 
すだち さん 岡山県 診療情報管理士 2018/06/14
じぇった さん

同一患家のルールについては、往診料の通知の中に以下のような記述があります。

「同一の患家又は有料老人ホーム等であって、その形態から当該ホーム全体を同一の患家とみなすことが適当であるものにおいて、2人以上の患者を診療した場合は、2人目以降の患者については往診料を算定せず・・・」
この文章の中に生計が同じかどうかの記述はありませんので、実態として同じ家に住んでいるのであれば、親戚だろうが、居候であろうが、同一患家のルールが適用されます。

まず、訪問診療料についてですが、ここでいう同一建物とは、建築基準法に定められた集合住宅等にあたります。ですので、集合住宅にはあたらない「家」である以上、同一建物のルールは適用されません。

訪問診療料は
お一人は1の833、お二人目が再診料で正解です。
すだち さん 岡山県 診療情報管理士 2018/06/14
次に在医総管ですが、単一建物のルールでは、同一建物のような集合住宅等といった意味を含まず、単体としての建物を意味しているので「家」であっても単一建物です。
そして、同一患家の場合のカウントについては、以下の例外規定があります。

①「同居する同一世帯の複数の患者に対して診察をした場合など、同一の患家において2人以上の患者を診療した場合に、2人目以降の患者について、区分番号「A000」初診料又は区分番号「A001」再診料若しくは区分番号「A002」外来診療料及び第2章特掲診療料のみを算定した場合においては、その旨を診療報酬明細書の摘要欄に記載し、区分番号「C001」在宅患者訪問診療料(Ⅰ)の「1」又は区分番号「C001-2」在宅患者訪問診療料(Ⅱ)(注1のイの場合に限る。)を算定したものとみなすことができる」
②「1つの患家に在宅時医学総合管理料又は施設入居時等医学総合管理料の対象となる同居する同一世帯の患者が2人以上いる場合の在宅時医学総合管理料又は施設入居時等医学総合管理料は、患者ごとに「単一建物診療患者が1人の場合」を算定すること」

つまり、①と②の規定により、同一患家で複数人を診察しても、すべて単一建物診療患者1人の場合で算定します。この場合、2人目以降の方のレセプトには「同一患家の訪問診療2人目」といったコメントをいれてください。
【質問者からのお礼】
 大変ご丁寧かつわかりやすいご説明を本当にありがとうございました。
知らなかったことばかりで目からうろこです;;
困っていたので大変助かりました。
また今後もご相談させて頂くことがあるかと思いますので
今後とも宜しくお願い致します。
本当にありがとうございました!
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2018/06/14
じぇった さん

お疲れさまです。訪問診療に係る同一建物の考え方が難解で大変お困りのことと思います。
以前に不正請求が問題になった経緯があり、厚労省が大きくメスを入れてきた部分です。
さて、ご質問の「同一患家で別世帯の場合」についてですが、確実なことは申し上げられませんが、
私は以下のように考えています。
「同一患家で複数の在医総管の算定患者がいる場合は、世帯を問わず患者ごとに1人の場合で算定」

在医総管の通知(11)に同居する同一世帯の患者が2人以上いる場合の考え方が書かれていますが、
同居する別世帯の患者が2人以上いる場合について書かれていません。同一世帯だと低くならない
のであれば、同一患家であれば別世帯の患者であっても同じと考えています。

ご期待に添う回答にならず申し訳ございません。一度、厚生局へ照会なさることをお勧めいたします。
その後、何か情報がございましたら、ご教授いただけますと幸いです。
【質問者からのお礼】
 大変ご丁寧な説明を下さり本当にありがとうございました。
よくご夫婦の診察のことは書かれているのを見るのですが
なかなか同一患家の定義などがよく分からなく困っておりました。
何か新しく分かったことがありましたらもちろん共有させて頂きますね。
こちらこそ今後ともお世話になりますのでどうぞよろしくお願い致します。
この度はありがとうございました。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 

新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき