医科 第2章-第2部 在宅医療
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.19862 みかん さん  福岡県 医事職員 2018/11/09
タイトル:

在宅患者訪問診療料と特定疾患療養管理料の同時算定

調べたのですが、明確な答えがわからないので質問させていただきます。
在宅患者訪問診療料1-1を算定する患者さんがいるのですが、特定疾患療養管理料87点は同時に算定できるのでしょうか?高血圧の治療をされていて、処方もしています。
 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2018/11/09
みかん さん

お疲れさまです。
在宅関係はややこしいので注意してください。また、介護保険との調整、ならびに施設入所中の患者さん
の算定にも注意が必要です。
お尋ねのケースですが、在宅患者訪問診療料(1)1を算定する在宅療養中の患者さんとしてお伝えします。

まず、在宅患者訪問診療料(1)の注2を確認してください。在宅患者訪問診療料(1)を算定した場合に併
せて算定できないのは、再診料、外来診療料、オンライン診療料、往診料、オンライン在宅管理料です
ので、特定疾患療養管理料は、算定条件を満たせば算定できます。

次に、特掲診療料の「通則1」を確認してください。以下に原文のまま転記します。
<通則>
1 第1部に規定する特定疾患療養管理料、ウイルス疾患指導料、小児特定疾患カウンセリング料、小児
 科療養指導料、てんかん指導料、難病外来指導管理料、皮膚科特定疾患指導管理料、慢性疼痛疾患管理
 料、小児悪性腫瘍患者指導管理料及び耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料並びに第2部第2節第1款の各区
 分に規定する在宅療養指導管理料及び第8部精神科専門療法に掲げる心身医学療法は特に規定する場合
 を除き同一月に算定できない。
例えば、在宅患者訪問診療料(1)1を算定している患者さんがインスリンの自己注射をしていれば、在宅
自己注射指導管理料(在宅療養指導管理料)を併せて算定するので、上記通則より特定疾患療養管理料
は同一月に算定できないことになります。

改めて点数表の読み込みと整理をなされたほうがよろしいかと存じます。また、介護保険との関係も無
視できません。これからは医療と介護の連携が重要になりますので、医療機関においても介護保険の理
解を深めていくことが必要と考えます。
なるる さん 神奈川県 医事職員 2018/11/12
お疲れ様です。

訪問診療される方には在宅時医学総合管理料(または施設総管)を算定することが多いかと思いますので
ご注意ください。
在宅時医学総合管理料を算定の場合、特定疾患療養管理料は別に算定できません。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 

新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき