医科 第2章-第3部 検査
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.19965 あみる さん  大阪府 医事職員 2019/01/08
タイトル:

アレルギー採血検査について

アレルギー採血で特異的IgE(110点)は月に何項目まで算定可能でしょうか?
レセプトで何項目まで通るのか、何項目以上だと減点、査定されるなど情報があれば教えてください。よろしくお願いします。
 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2019/01/08
あみる さん

保険上は1回の採血で1430点(13項目)までとなっているのみで、特に制限はありません。
大阪は特に厳しいとお聞きしますので、以下の部分について確認してみてください。
なお当然ですが、指示するのは医師ですので、事務R的なものさしで判断せず、診療内容に沿った
請求を心掛けてください。
保険診療なので、患者さんの希望のみで検査をしたり、根拠のないアレルゲン(真夏にスギ、ヒノキ
などのアレルゲン)を測定していると、指導を受けます。

(IgEの目的)
 血中の総IgEと特定のIgEを測定します。検査項目は年齢や症状、家庭環境、季節等を考慮して
 決定します。ネコを飼育していればネコ皮屑、卵を食べて蕁麻疹がでれば卵白のIgEを測定します。
 なお、陽性だからといって治療をする、陰性だからといって治療しないということではありません。
 生活環境の改善等を含め、医師が総合的に判断します。

(多項目の検査)
 多項目の検査となる場合、症状や検査結果など医学的に多項目の検査を必要とした理由を症状詳記
 として付けることや、吸入系アレルギーを疑う場合などは、アレルギー性喘息、鼻炎、結膜炎など、
 詳細な疾患名を付すことで説明がつく場合もあります。
 よく「花粉症」のみで多項目の検査をなさる場合がありますが、もう少し絞って疾患名を入れるな
 ど、診療内容に沿った対応が必要と考えます。

【質問者からのお礼】
 ひでき様

いつも助かっております
地域によって厳しさが異なるんですね
分かり易い的確な回答ありがとうございます

 
 
戻る このページのトップへ
 
 
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき