医科 第1章-第2部 入院料等
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.19969 bob さん  群馬県 事務職員 2019/01/11
タイトル:

重症者等療養環境特別加算の一般病棟について

重症者等療養環境特別加算の質問が出ていたようなので、便乗して質問させていただきます。

当該加算を届け出できる病床数は一般病棟の平均入院患者数の8%未満となっていますが、この一般病棟というのは当該加算を算定できる一般病棟入院基本料等を算定する病棟のみのことを言っているのでしょうか。それとも一般病棟入院基本料の注1にある療養病棟入院基本料、結核病棟入院基本料又は精神病棟入院基本料を算定する病棟以外の病院の病棟の事を言い、特定入院料を算定している病棟の入院患者であっても入院患者数に含めてよいのでしょうか。

最近、病床の機能分化で昔は一般病棟入院基本料を算定していた病棟が地域包括ケア病棟や回復期リハ病棟に移行してきているため、一般病棟入院基本料算定病床の平均入院患者数での計算では分母が減少してきており8%未満の維持にヤキモキしているところです。
一般病棟であれば特定入院料の患者も含めて良いなら全然問題ないのですが・・・
 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2019/01/11
bob さん

お疲れさまです。
おっしゃる通り、「どこまでを一般病棟」とするのか明確でないですよね。
私は単純に、この場合の一般病棟とは、重症者等療養環境特別加算の届出ができる病棟を意味して
いるものと考えています。よって、治療室単位(ICU、HCU、NCUなど)や一般病棟を単位として
いない病棟(地域包括、緩和ケア、認知症、精神科救急、特殊疾患など)は除かれると考えます。
一般病棟入院基本料の注1にある療養・結核・精神を除く病棟とは、医療法でいう一般病棟のこと
であるため、余計に混乱しますよね。

厚生局より明確な回答をもらった医療機関があれば、ぜひ教えていただきたいです。
【質問者からのお礼】
 ご回答ありがとうございます。
やはり定義が明確でないですよね。
まだ解決とはせずに回答をお待ちしております。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
院内コマーシャル広告
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき