医科 第2章-第5部 投薬
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.20048 ゆき さん  埼玉県 医事職員 2019/02/07
タイトル:

ピコスルファートNa内用液30mlについて

ピコスルファートNa内用液を便秘症の傷病名に対して処方したところ、A査定されてしまいました。
公費21適用で処方したからでしょうか?

 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2019/02/07
ゆき さん

以前から査定はありませんでしたか? 諦めておられたのでしょうか?
精神通院(21)の対象疾患は、すべての精神疾患・てんかんで通院により精神医療が行える範囲の症状が
該当しますが、その治療に起因する合併症等も含まれると考えます。
特に向精神薬を連用した際の副作用として、便秘や排尿障害があり、重症な方は腸閉塞(イレウス)や
尿閉となりますので、抗コリン作用による便秘ではないでしょうか。
処方されている医薬品の添付文書を確認の上、主治医と薬剤師に副作用について聞いてみてください。
あと、メーカーのMRに聞くと、他の医療機関の情報を得ることができる場合があります。
抗コリン作用による副作用である場合には、傷病名を「薬剤性便秘症:ICDはK590」とし、抗コリン作
用である旨と、副作用が発生しても連用する必要があった医学的な意見を症状詳記した上で、請求して
みてください。
再審査はなかなか認めてくれないですが、一応してみることで、審査側に真意を伝えるようにしておき
ましょう。
【質問者からのお礼】
 いつもありがとうござます。
今まで査定されたことがなく、30.8、9、10と減点されきました。
今現在も処方されているので、しばらく減点されてくるかと。
医師と相談してみます。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき