医科 第2章-第13部 病理診断
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.20223 K さん  大阪府 医事職員 2019/04/20
タイトル:

頸部リンパ節の算定について

通則には
2 リンパ節については、所属リンパ節ごとに1臓器として数えるが、複数の所属リンパ節が1臓器について存在する場合は、当該複数の所属リンパ節を1臓器として数える。

とあるのですが口腔癌切除と同時に行った頸部郭清(両側)の臓器数がわかりません。
両頸部なので対象器官とし1臓器とするのか、左右それぞれの複数の所属リンパ節ごととし2臓器なのか....

ご教示下さいませ。
 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2019/04/20
K さん

Kさんは大〇ですか? 大〇は厳しいですよね。査定があったのでしょうか。
お尋ねの件ですが、「口腔癌」と併施した頸部郭清術の算定ですね。
術式が不明なのですが、基本的には手術の通則9及びK469の通知(3)により、別に算定できないと
あります。その理由以外でおこなった場合は、厚生局に術式を示して確認されたほうがよろしい
かと存じます。 すみません。大〇なので、何とも言えません。
なお、通則9により加算が算定できる場合には、片側は4000点、両側は6000点を算定します。
頸部リンパ節は両側ありますよね。両側の頸部リンパ節を切除すれば両側算定できますよ。
【質問者からのお礼】
 頸部郭清の算定の可否ではなく病理診断の項目での質問です、紛らわしくて申し訳ありません。

請求術式内容は舌悪性腫瘍切除、それに伴う頸部郭清加算(両側)を請求。
病名は舌悪性腫瘍及び頸部リンパ節転移(両側)がついています。


舌癌と頸部郭清両側で算定しそれぞれの請求に付属する病理検体を提出した場合、病理2か病理3か?という質問です。
知識不足の為、拙い文章で申し訳ありません。
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2019/04/20
K さん

ご存知のとおり、病理診断の「通則5」および病理標本作製料の「通則2」より算定します。
よって、このケースの臓器数は、舌と頸部リンパ節(オトガイ下リンパ節、顎下リンパ節等の所属
リンパ節含む)の2臓器でよろしいかと思います。
【質問者からのお礼】
 有り難う御座いました。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき