医科 第1章-第2部 入院料等
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.20465 DS さん  大阪府 医事職員 2019/08/16
タイトル:

入院診療計画書について

平成24年の疑義解釈(その1)の問16について質問です。
入院前に外来で文書を提供した場合でも入院後7日以内に行ったものと同等の取扱となる。
ということですが、この内容に変更があったでしょうか。
ない場合、計画書の主治医以外の担当者氏名の箇所について検査入院で計画が全て分かっている場合、
例えば外来看護師でもかまわないのでしょうか。
あった場合、どのような変更がいつ行われたか教えていただきたいです。
分かりにくい説明で申し訳ありません。
よろしくお願いします。
 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2019/08/16
DS さん

厚生局が厳しい〇阪のようですので、要注意ですね。適時指導か個別指導で指摘を受けましたか?
お尋ねの件ですが、疑義解釈に変更はありません。
入院診療計画書についてですが、まず医療法第6条の4を満たした上で、健康保険法の入院診療計画の
基準を満たすことで、入院料が算定できます。医療法では入院後7日以内としか書かれていませんが、
健康保険法の疑義解釈により、入院前に外来で提供した場合でもよいとなっています。
次に、主治医以外の担当者名について、外来看護師でも構わないのかということですが、基準には細
かく書かれていませんが、該当患者さんの入院に際し、診療計画を実施する上で主治医以外の医療従
事者の名前が入ります。特に、「特別な栄養管理の必要性」が有りの場合は管理栄養士、看護計画を
実施する病棟看護師、リハビリを実施するならセラピスト、処方薬の調整なら薬剤師の名前が入りま
すよね。「基準に細かく書かなくてもわかるでしょ」ということです。
なお、説明するのは医師より指示を受けた外来看護師でも構わないと思うのですが、パスなどで基本
的な計画があるものであっても、患者さん・家族の質問にきちんと答えられる方でないと困ると思い
ます。院内で、計画策定から説明・同意までの手順を確認されたほうがよろしいかと存じます。
【質問者からのお礼】
 ありがとうございました。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき