医科 第2章-第2部 在宅医療
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.20511 いいはなさん さん  茨城県 医事職員 2019/09/05
タイトル:

在宅移行早期加算について

在宅移行早期加算の算定に検査入院の場合には算定できないとあるが、レスパイト入院の時には算定出来るのでしょうか?
よろしくお願いします。
 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2019/09/05
いいはなさん

お尋ねの件ですが、地域により審査側の解釈が異なる部分ではないかと思います。
一般的なレスパイト入院は、患者さん本人の病状によるものではなく、介護者(家族含む)の
負担を軽減するための救済措置です。この辺りは、国も目をつぶっているところだと思います。
基本的には、要介護認定を受けている方はショートステイで介護報酬で請求すれば何ら問題ない
のですが、地域により医療機関がショートステイ機能を兼ねなければならないところがあるのは
事実です。いいはなさんの地域の介護環境がどうかわかりませんが、地域包括ケアシステム上で
考えるのなら、要介護認定者はショートステイで対応するのが適切と考えます。
さて、本題に移りますが、レスパイト入院患者さんに退院後、在宅移行早期加算は算定できるか
ということですが、疑義解釈では「検査入院や1日入院の場合には算定できない」とあります。
どう考えるかは医療機関ごとの自由ですが、あくまでも持論で申しますと、入院時と退院時で
患者さんの状態や家族・地域との連携が変わらないのであれば、移行期に係るマネジメントは
必要ないので、その評価としての在宅移行早期加算を算定するのは適切ではないと考えます。
患者さん(家族を含む)に加算の根拠が説明できるとは思えません。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき