医科 第2章-第2部 在宅医療
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.20571 じゅじゅむ さん  愛媛県 事務職員 2019/10/08
タイトル:

在宅自己注射導入初期加算について

質問です。

C101在宅自己注射指導管理料
注2導入初期加算 580点(3月を限度として)

この注2の文章に「初回の指導を行った日の属する月から起算して」の「初回の指導を行った日」とはどういう意味となるのでしょうか。
外来での場合、2回以上の診療が必要ですが、この2回の診療を初回の指導とひとまとめにして、開始日と判断しています。
9月30日と10月7日に指導を行い、10月7日に管理料の算定を開始した場合、初回の指導を行った日は、9月30日とすれば、11月までしか初期加算は算定できないのではという意見が、院内にあり質問させていただきました。
よろしくお願いします。
 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2019/10/08
じゅじゅむ さん

あくまでも参考までに。今までこの考え方で請求していますが、一切査定はありません。

導入初期加算は、在宅自己注射指導管理料の加算なので、単独算定はあり得ません。
よって、在宅自己注射指導管理料を初回に算定した月を起算月として、そこから3ヶ月間
で月1回に限り管理料に加算します。ただし、外来受診をさせて指導をした月に限ります。
よく誤って算定されるのが、初回算定月の翌月は受診がなく、その翌月から連続して受診
したケースで、初回算定月の翌月を2回目とカウントせず、その翌月を2回目と考えておら
れる方がいるようですが、初回算定月を起算月として、そこから3ヶ月間に月1回に限り算
定するという解釈ですので、注意してください。
【質問者からのお礼】
 ひでき さん

やはり、指導管理料の算定日を起算日ととらえてOKですよね。
なぜ、「指導料を算定した日の属する月から起算して・・・」としないんでしょうかね。

いくら探しても、この部分に関する記事が見つかりません。
医療機関側からだと、外来1回目の指導した日を起算日とすると、1月分請求できないケースもあるので確認もしないのでしょうか?

ありがとうございました。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき