歯科 第2章 特掲診療料 第3部 検査 第1節 検査料 (補綴関連検査)

D004 平行測定(1装置につき)

TOP平成26年診療報酬点数表歯科第2章 特掲診療料第3部 検査第1節 検査料(補綴関連検査) > D004 平行測定(1装置につき)

D004 平行測定(1装置につき)

  1. 1 支台歯とポンティックの数の合計が5歯以下の場合
    50点
  2. 2 支台歯とポンティックの数の合計が6歯以上の場合
    100点

通知

平行測定検査は、ブリッジの支台歯形成に当たり、実施した場合にそれぞれ1装置について1回を限度として、次の区分に従い所定点数を算定する。

(1) 支台歯とポンティックの数の合計が5歯以下の場合
平行測定器を用いて支台歯間の平行関係の測定を行った場合は、「1 支台歯とポンティックの数の合計が5歯以下の場合」の所定点数により算定する。

(2) 支台歯とポンティックの数の合計が6歯以上の場合
支台歯間の平行関係につき、模型を製作しサベイヤー等で測定した場合は、「2 支台歯とポンティックの数の合計が6歯以上の場合」の所定点数により算定する。なお、模型製作に要する費用は所定点数に含まれ別に算定できない。
製作した模型は、欠損補綴が終了した日の属する月の翌月の初日から起算して3年を保存期間とする。ただし、製作した模型をサベイヤー等での測定結果、患者の氏名及び製作年月日が判別できる状態で写真撮影し、当該写真を診療録に添付した場合は、算定を行った日の属する月の翌月の初日から起算して3月を保存期間とする。なお、写真撮影に係る費用は所定点数に含まれ別に算定できない。

 
この区分についての質問を見る
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき