医科 第2章-第12部 放射線治療
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.17166 まさ さん  長崎県 医事職員 2012/07/27
タイトル:

外来放射線治療加算の算定について

お尋ねします。
外来放射線治療加算(100点)の算定ですが、放射線治療医が出張等で不在の場合は、算定できないのでしょうか。治療計画の際は放射線治療医が医学的管理は行っています。ご教授よろしくお願いいたします。
 
 
タクロー さん 鹿児島県 医事職員 2012/08/07
算定は可能でしょう。

(1) 放射線治療を専ら担当する常勤の医師(放射線治療の経験を5年以上有するものに限る。)及び放射線治療を専ら担当する常勤の診療放射線技師(放射線治療の経験を5年以上有するものに限る。)がそれぞれ1名以上配置されていること。なお、当該常勤の医師又は診療放射線技師は、放射線治療専任加算、直線加速器による定位放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療加算に係る常勤の医師、診療放射線技師を兼任することができる。

(2) 当該治療を行うために必要な次に掲げる機器、施設を備えていること。
ア 高エネルギー放射線治療装置
イ X線あるいはCTを用いた位置決め装置
ウ 放射線治療計画システム
エ 患者が休憩できるベッド等

配置がなされ、機器、施設を備えていれば、他の医師や技師が行っても算定していいと解釈出来ます。
【質問者からのお礼】
 タクロー さん

ご回答ありがとうございます。
問題は無いのではないかと思っていました。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき