医科 第2章-第3部 検査
ニックネーム:ゲスト さん 

  医科質問履歴   歯科質問履歴   調剤質問履歴   全カテゴリの新着一覧
この区分で新規に質問する
NO.20862 王騎 さん  北海道 医療関係業者 2020/02/17
タイトル:

アミラーゼアインソザイムの査定

ヒドロキシビタミンD(117点)と同時に実施した際に、査定で切られてしまったのですが、調べても理由がわかりません。増減点事由は「B」となっておりました。どうそ宜しくお願い致します。
 
 
ひでき さん 岡山県 医療関係業者 2020/02/18
よくわからないのですが、ヒドロキシビタミンDは「D007」の「62」で400点ではないでしょうか。
117点が見当たりませんが・・・
ヒドロキシビタミンDは、算定制限があります。対象傷病名があるとして、「診断時」に1回、
又は治療中(薬物治療)は、診断時より3月に1回ごとに算定できます。
検査頻度はどうでしょうか。
【質問者からのお礼】
 ご回答ありがとうございます。ヒドロキシビタミンは、ECLIA法による場合は117点となっております。追加だったので点数本には載ってないはずですが。査定されたのはアミラーゼアインソザイム48点の方になります。わかりにくくて申し訳ありません。
のぶ さん 東京都 医療関係業者 2020/02/18
よく分かりませんが、

骨粗しょう症でアミラーゼアイソザイムが関わるとなると以下の(診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について)あたりの記述が関係しているような気がします。

「アルカリフォスファターゼ・アイソザイムは,アガロース電気泳動法によって,一連の検査によって同時に,骨型アルカリフォスファターゼ(BAP)を測定した場合には,「15」のアミラーゼ・アイソザイムをさらに加算する・・・」

今回実施しているの検査項目と点数が気になります、例えば
D007-15 ALPアイソザイム 48点
D007-15 アミラーゼアイソザイム 48点
D007-25 ALPアイソザイム及び骨型アルカリホスファターゼ(BAP) 96点
D008-24 骨型アルカリホスファターゼ(BAP) 161点

見当違いでしたらスルーしてください。
【質問者からのお礼】
 ご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。
はっしー さん 東京都 医事職員 2020/02/19
アミラーゼアインソザイムを実施してるってことはたぶん膵炎の診断目的か経過観察中ですかね?
事由が過剰なので、腫瘍マーカー(CEA等)とか血中膵酵素(エラスターゼ1等)あたりの検査をフルコースでやってるか、脂溶性ビタミンの代謝異常所見等があって膵炎疑いの病名のみ(もしくはビタミンD代謝障害等)で両方実施しているかが考えられます。
前者の場合、急性症状で治療まで自院内でやってる場合は別ですが、それ以外の場合は経験上詳記を付けてもほぼほぼ通らないです。
後者の場合は、詳記付けて再請求してみては?
【質問者からのお礼】
 ご回答ありがとうございます。骨粗しょう症の患者様で、質問にあげた2項目の検査を実施した日は、新たに病名を「高アミラーゼ血症」「ビタミンD欠乏症」を追加しましたが、膵炎に係る病名はついていなかったので、そこが原因なのでしょうか。
はっしー さん 東京都 医事職員 2020/02/19
審査側からすると高アミラーゼ血症を疑う根拠がないっていう言い分かもしれないですね。
ビタミンD過剰で膵機能異常(高アミラーゼ血症)なら分かるけど、ビタミンD欠乏で何で高アミラーゼ?っていう。
なので高アミラーゼ血症を疑った所見等を詳記付けて再審査してみてはいかがでしょうか?
腰背部痛、下痢等の消化器症状、血糖コントロール不良等があれば疑うに足る所見となると思います。
【質問者からのお礼】
 ご回答ありがとうございます。教えていただいた方法でやってみます。大変参考になりました、ありがとうございました。
 
 
戻る このページのトップへ
 
 

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき