診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

感染対策部門組織図

感染対策部門組織図

  • 解決済回答2
感染対策向上加算3を申請し従来の組織図を提出したところ、これでは受理できないと返却され再再度修正している、感染対策部門と委員会は別の部署とした組織図にするよう指摘があったが具体的な内容がイメージできなく混乱している

回答

ベストアンサー

感染対策向上加算の中には「感染防止対策部門」「感染防止対策部門内に以下の構成員からなる感染制御チーム」となっています。
このことから組織図的には感染防止対策部門があり、下部に感染制御チームがあることになります。

また、感染制御チームの業務として「1週間に1回程度、定期的に院内を巡回し」とありますので
イメージとしてはICTの院内ラウンドが該当するかと思います。
「職員への研修」なども感染制御チームの業務となっていますが、これはどちらかといえば委員会の領分とされている病院が多いかと思います。

このことから、感染防止対策部門の下部に感染制御チームと感染の委員会が同列で配置。が一般的ではないでしょうか。
病院によっては感染制御チーム=委員会としているところもあるかと思います。
当院は別として組織図上では同列に配置しております。

言葉だけでなく実際の業務内容も別々ですので、感染対策部門、感染制御チームはきちんと区別する必要があります。

様式35の2の記載上の注意には「感染防止対策部門の業務指針」「院内感染管理者並びに感染制御チームの業務内容」の文書を添付するよう記載されています。
適時調査で指摘される部分でもありますので、提出した文書に沿って業務指針、業務内容を遵守するようお気をつけください。

返信へのお礼が遅くなりました、先日機能評価受審があり、その際も施設自体の組織図が不自然と指摘を受けていました。当院と世の中では大きくずれがありそうです、根本から見直します。ありがとうございました

感染対策部門と委員会は別の部署
→委員会は、組織図上は部署(部門)ではなく会議体ですので、委員会は委員会組織図として院長の直下で整理されるとよろしいかと存じます。

関連する質問

受付中回答0

褥瘡対策に関する診療計画書について

褥瘡対策に関する診療計画書の書式(1)、日常生活自立度J1~A1の患者に関しては、毎月作成しカルテに挟んでいるのですが、書式(2)も毎月作成が必要なのでし...

受付中回答1

褥瘡に関する診療計画書について

初歩的な質問ですみません。
design-rは 1週間に1回評価してるのですが 褥瘡に関する診療計画書は...

解決済回答1

褥瘡対策の基準において

褥瘡対策の基準において専任の医師専任の看護師とあるが
専任の医師は非常勤医師でも可能でしょうか??

解決済回答2

外来感染対策向上加算について

(11)(7)に掲げる院内感染管理者は、少なくとも年2回程度、感染対策向上加算1に係る届出を行った医療機関※1又は地域の医師会が定期的に主催する院内感染対...

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。