診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

コタロー大柴胡湯エキス細粒

販売名
コタロー大柴胡湯エキス細粒
薬価
1g 14.70円
製造メーカー
小太郎漢方製薬

添付文書情報2023年01月改定(第1版)

商品情報

薬効分類名
漢方製剤
一般名
大柴胡湯エキス細粒

-

効能・効果
肝臓部圧迫感、またはみぞおちが硬く張って、胸や脇腹にも痛みや圧迫感があり、便秘するもの、あるいはかえって下痢するもの、耳鳴、肩こり、疲労感、食欲減退などを伴うこともあるもの:高血圧、動脈硬化、常習便秘、肥満症、黄疸、胆石症、胆嚢炎、胃腸病、気管支喘息、不眠症、神経衰弱、陰萎、痔疾、半身不随。
用法・用量
通常、成人1日9.0gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
合併症・既往歴等のある患者
8.1. 本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。
なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。
8.2. 他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意し、ダイオウを含む製剤との併用には、特に注意すること。
8.3. ダイオウの瀉下作用には個人差が認められるので、用法及び用量に注意すること。
9.1.1. 下痢、軟便のある患者:これらの症状が悪化するおそれがある。
9.1.2. 著しく胃腸虚弱な患者:食欲不振、腹痛、下痢等があらわれることがある。
9.1.3. 著しく体力の衰えている患者:副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。
副作用
次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
重大な副作用
11.1. 重大な副作用
11.1.1. 間質性肺炎(頻度不明):咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音異常等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線、速やかに胸部CT等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、咳嗽、呼吸困難、発熱等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。
11.1.2. 肝機能障害、黄疸(いずれも頻度不明):著しいAST上昇、著しいALT上昇、著しいAl-P上昇、著しいγ-GTP上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがある。
11.2. その他の副作用
消化器:(頻度不明)食欲不振、腹痛、下痢等。
高齢者
減量するなど注意すること(一般に生理機能が低下している)。
授乳婦
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないことが望ましい(本剤に含まれるダイオウの子宮収縮作用及び骨盤内臓器の充血作用により流早産の危険性がある)。
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(本剤に含まれるダイオウ中のアントラキノン誘導体が母乳中に移行し、乳児の下痢を起こすことがある)。
小児等
小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
取扱い上の注意
20.1. 本剤の品質を保つため、できるだけ湿気を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
20.2. 開封後は特に湿気を避け、取扱いに注意すること。
20.3. 本剤は生薬を原料としているので、色調等が異なることがある。
-
-
-
一包可:不明

バラ包装

分割:可能
粉砕:可能
製造販売会社
小太郎漢方製薬
販売会社
 

おくすりのQ&A

受付中回答3

ノベルジン顆粒5%

ノベルジン顆粒5%の飲み方、水と一緒に飲むのか知りたいです

薬価・添付文書 製品

解決済回答1

テナリーフのサイズについて

当院で癒着防止材のテナリーフが採用になりました。...

薬価・添付文書 製品

受付中回答3

ベルソムラとデエビゴの併用について

当院で内科的疾患に対しフォローしている患者さんから、メンタルクリニックで出ている薬も出してもらえないかと相談を受けました。...

薬価・添付文書 その他

受付中回答2

海外の医薬品価格検索について

EUでの医薬品価格を検索したいのですが、ネットで検索してもヒットしません。
調べ方ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。 

薬価・添付文書 その他

受付中回答2

院外処方について

院外処方を切っています。
外用薬のみの処方箋発行は算定可能でしょうか?

薬価・添付文書 その他

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。