医科 第2章 特掲診療料 第10部 手術 第1節 手術料 第9款 腹部 (腹膜、後腹膜、腸間膜、網膜)

K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

TOP平成28年診療報酬点数表医科第2章 特掲診療料第10部 手術第1節 手術料第9款 腹部(腹膜、後腹膜、腸間膜、網膜) > K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

  1. K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
    12,000点

通知

連続携行式腹膜灌流を開始するに当たり、当該カテーテルを留置した場合に算定できる。また、当該療法開始後一定期間を経て、カテーテル閉塞等の理由により再度装着した場合においても算定できる。

 
この区分についての質問を見る
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき