歯科 第2章 特掲診療料 第4部 画像診断 第4節 フィルム及び造影剤料

E300 フィルム

現在表示されているのは過去の点数表で、情報が古い可能性があります。令和元年度の点数表はこちらとなります。

E300 フィルム

  1. 材料価格を10円で除して得た点数

1 6歳未満の乳幼児に対して撮影を行った場合は、材料価格に1.1を乗じて得た額を10円で除して得た点数とする。

2 使用したフィルムの材料価格は、別に厚生労働大臣が定める。

通知

6歳未満の乳幼児に対して撮影を行う場合は、損耗量を考慮して材料価格に1.1 を乗じて算定する。

<画像診断の端数処理方法>
(1) 小数点以下の端数がある場合は、第1節診断料と第2節撮影料及び第4節フィルム料のそれぞれについて端数処理を行い、合算した点数が請求点数となる。
(例) 同一部位に対し、同時にカビネ型2枚を使用して単純撮影(アナログ撮影)を行った場合
診断料 85 点 + 85/2 点 = 127.5 点 → 128 点
撮影料 65 点 + 65/2 点 = 97.5 点 → 98 点
カビネ2枚分のフィルム代 37 円 × 2/10 = 7.4 点 → 7点
請求点数 128 点 + 98 点 + 7点 = 233 点
(2) 全顎撮影以外の歯科エックス線撮影(アナログ撮影)に限り、歯科用エックス線フィルム1枚を単位として第1節診断料、第2節撮影料及び第4節フィルム料を合算し、端数処理を行う。
(例) 1枚の場合
20 点(診断料)+25 点(撮影料)+(28 円/10)点(フィルム料)=47.8 点→48 点
(例) 5枚の場合
48 点(1 枚当たりの請求点数)×5 枚=240 点

この区分についての質問を見る
新規会員登録

サイトマップ
しろぼんねっととは
ご利用方法
質問するには
回答するには
リンクについて
広告掲載について
データ提供について
RSS質問掲示板のRSS
質問掲示板つぶやき