診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

バンコマイシン塩酸塩散0.5g「明治」

販売名
バンコマイシン塩酸塩散0.5g「明治」
薬価
500mg1瓶 909.60円
製造メーカー
MeijiSeikaファルマ

添付文書情報2021年01月改定(第1版)

商品情報

薬効分類名
バンコマイシン製剤
一般名
バンコマイシン塩酸塩散
警告
本剤の耐性菌の発現を防ぐため、「用法・用量に関連する使用上の注意」の項を熟読の上、適正使用に努める。
禁忌
本剤の成分によるショックの既往歴のある患者。
効能・効果
1.感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む)。
2.骨髄移植時の消化管内殺菌。
<効能・効果に関連する使用上の注意>
感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む)への使用にあたっては、「抗微生物薬適正使用の手引き」を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与する。
用法・用量
1.感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む):用時溶解し、バンコマイシン塩酸塩として、1回0.125~0.5g(力価)を1日4回経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
2.骨髄移植時の消化管内殺菌:用時溶解し、バンコマイシン塩酸塩として、1回0.5g(力価)を非吸収性の抗菌剤及び抗真菌剤と併用して1日4~6回経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>
1.腎障害のある患者には、投与量・投与間隔の調節を行い、慎重に投与する。
2.本剤を感染性腸炎に投与するとき、7~10日以内に下痢、腹痛、発熱等の症状改善の兆候が全くみられない場合は投与を中止する。
3.本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現を防ぐため、次のことに注意する。
1).感染症の治療に十分な知識と経験を持つ医師又はその指導の下で行う。
2).原則として他の抗菌薬及び本剤に対する感受性を確認する。
3).投与期間は、感染部位、重症度、患者の症状等を考慮し、適切な時期に、本剤の継続投与が必要か否か判定し、疾病の治療上必要な最低限の期間の投与にとどめる。
慎重投与
1.本剤の成分又はペプチド系抗生物質、アミノグリコシド系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。
2.ペプチド系抗生物質、アミノグリコシド系抗生物質による難聴又はその他の難聴のある患者[難聴が発現又は増悪する恐れがある]。
3.腎障害のある患者[重度の腸管炎症のある患者では、吸収され、蓄積する恐れがあり、バンコマイシン塩酸塩の静脈内投与で報告されているものと同様な副作用が発現する危険性があるので注意する]。
4.高齢者。
重要な基本的注意
偽膜性大腸炎等の腸管病変が重篤でかつ高度腎障害患者(腸管病変が重篤でかつ血液透析中等)では、本剤の経口投与により蓄積を起こす可能性があり、バンコマイシン塩酸塩の静脈内投与で報告されているものと同様な副作用が発現する危険性があるので注意する。
相互作用
併用注意:コレスチラミン<経口>[同時に投与すると本剤の臨床効果が減弱する恐れがあるので、数時間間隔をあけて投与する(コレスチラミンは腸管内でバンコマイシンと結合する)]。
副作用
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
重大な副作用
1.重大な副作用(頻度不明)1).ショック:ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状(血圧低下、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴り、発汗等)が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2).注射用バンコマイシン塩酸塩製剤で、アナフィラキシー、急性腎障害、間質性腎炎、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎、薬剤性過敏症症候群、第8脳神経障害、偽膜性大腸炎、肝機能障害、黄疸が現れることが報告されているので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
2.その他の副作用(頻度不明)1).過敏症:発熱、発疹、潮紅、悪寒、蕁麻疹、そう痒[症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。
2).血液:好酸球増多、白血球減少、血小板減少、貧血。
3).肝臓:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al-P上昇。
4).消化器:下痢、悪心・嘔吐、食欲不振。
5).腎臓:BUN上昇、クレアチニン上昇。
6).その他:口内炎、舌炎。
高齢者への投与
一般に高齢者では生理機能が低下しているが、特に腎機能障害が高度でかつ偽膜性大腸炎等の腸管病変が高度の高齢者(血液透析中でかつ偽膜性大腸炎等の腸管病変が高度の高齢者等)では、吸収され、排泄が遅延して蓄積を起こす可能性があるので、腎機能等に注意して、慎重に投与する。
妊婦・産婦・授乳婦等への投与
1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
2.授乳中の婦人には、投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を中止する[静脈内投与により、ヒト母乳中への移行が認められている]。
取扱い上の注意
1.調製方法:本剤はバイアル入りの散剤(無菌)である。骨髄移植時の消化管内殺菌を目的とする場合は、注射器を用い5~10mLの溶解液(注射用水等)で溶解する。
2.調製時:薬剤溶液そのままで服用しにくい場合には、単シロップ等で矯味してもよい。
3.服用時(骨髄移植時の消化管内殺菌を目的とする場合):骨髄移植時の消化管内殺菌を目的とする場合、用時溶解液は無菌のものを用い、溶解後は直ちに服用する。また、服用にあたっては骨髄移植時の消化管内殺菌を目的とする場合、口腔内殺菌のために薬剤溶液で十分含嗽した後飲用することが望ましい。
安定性試験:包装製品を用いた長期保存試験(25℃、相対湿度60%、24カ月)の試験結果を用い、「安定性データの評価に関するガイドライン」(平成15年6月3日付、医薬審発第0603004号)に基づく統計解析を実施した結果、バンコマイシン塩酸塩散0.5g「明治」は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

通常、経口投与によってほとんど吸収されず、高い消化管内濃度が得られる。また、血中にはほとんど認められない。
ただし、腸管に病変のある患者において、吸収され尿中に排泄されたとの報告がある。
(1)血中濃度、糞便中濃度、尿中濃度
1)健康成人
表1 経口投与時の血中濃度、糞便中濃度、尿中濃度
→図表を見る(PDF)

2)偽膜性大腸炎の患者
表2 経口投与時の血中濃度、糞便中濃度、尿中濃度
→図表を見る(PDF)

3)メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による感染性腸炎の患者
表3 経口投与時の血清中濃度、糞便中濃度、尿中濃度
→図表を見る(PDF)

4)腎機能障害を有する偽膜性大腸炎の患者(外国人によるデータ)
表4 経口投与時の血清中濃度
→図表を見る(PDF)

(2)代謝
(参考)
バンコマイシン塩酸塩は点滴静注(承認外用法)後、72時間までに90%以上が尿中に未変化体として排泄された。
(3)その他
(参考)
血清蛋白結合率:健康成人に1.0g(力価)点滴静注(承認外用法・用量)時の血清を用い、遠心限外ろ過法にて測定された血清蛋白結合率は34.3%であった。

(1)クロストリジウム・ディフィシルによる偽膜性大腸炎
→図表を見る(PDF)

平均下痢改善日数(4行/日以下)は約4日、平均解熱日数(37.5℃以下)は約6日であった。
(2)メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による感染性腸炎
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による感染性腸炎に対する有効率は100%であった。
下痢、腹痛、腹部膨満等の腸炎症状及び発熱の正常化日数は3~4日であった。

(1)抗菌作用
1)バンコマイシンは試験管内でブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、クロストリジウム・ディフィシル、アクチノマイセス、ラクトバチルスに抗菌力を示す。グラム陰性菌には抗菌力を示さない。
2)バンコマイシンは試験管内でメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対して抗菌力を有し、他の抗菌剤との間に交差耐性を示さない。また、MRSAを用いた試験管内継代培養試験において、バンコマイシンに対する耐性化は低い。
(2)作用機序
バンコマイシンの作用は細菌の細胞壁合成阻害によるものであり、その抗菌作用は殺菌的である。
(3)生物学的同等性試験
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、クロストリジウム・ディフィシルに対する最小発育阻止濃度(MIC)比較試験(in vitro)及びハムスター偽膜性大腸炎モデルにおける治療効果比較試験において、バンコマイシン塩酸塩散0.5g「明治」と標準製剤[散剤、0.5g(力価)]の生物学的同等性が確認された。

一包可:不可
分割:不可
粉砕:不明
製造販売会社
MeijiSeikaファルマ
販売会社
 

おくすりのQ&A

受付中回答2

PPI高用量の長期処方について

他院にて、
ランソプラゾール30mg 1T 1×
を長期処方されていた方が当院での処方を希望なさっています。...

薬価・添付文書 製品

解決済回答2

メロリンガーゼについて。

お世話になっております。

メロリンガーゼは、特定保険医療材料に該当するのでしょうか。それとも、衛生材料や保険医療材料でしょうか。

薬価・添付文書 製品

解決済回答1

オラビ錠の請求

オラビ錠を1日1錠を14日を院内処方する際の請求点数を教えてください

薬価・添付文書 製品

受付中回答0

オラビ錠の請求

オラビ錠を1日1錠を14日を院内処方する際の請求点数を教えてください

薬価・添付文書 製品

受付中回答1

イベニティについて

イベニティにて治療中、途中で歯科治療が始まり一旦注射をストップし、決まった期間内に決まった回数接種できない場合があります。その場合、途中でストップするしか...

薬価・添付文書 その他

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。