診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

ステリゾールS液3%

販売名
ステリゾールS液3%
薬価
3%1mL 0.00円
製造メーカー
東洋製薬化成

添付文書情報2023年10月改定(第1版)

商品情報

薬効分類名
アルコール及びアルデヒド製剤
一般名
グルタラール液
規制区分
  • 特生
  • 特承
  • 覚原

-

効能・効果
内視鏡の殺菌消毒。
用法・用量
(調製法)
本品は用時調製の製剤で、次の用法により製する。
溶液1Lに対し、緩衝化剤(液体)30mLを加えて混和し、淡青色澄明の液として製する。この液を用いる。
(使用方法)
あらかじめ洗浄、水洗を行った内視鏡を液に完全に浸漬させ、液との接触が十分行われるよう注意し、通常、15分以上浸漬させる。浸漬後、取り出した内視鏡を十分に水洗する。
重要な基本的注意
8.1. 人体に使用しないこと。
8.2. 本剤にて内視鏡消毒を行った後十分なすすぎが行われなかったために薬液が内視鏡に残存し、大腸炎等の消化管炎症が認められた報告があるので、消毒終了後は多量の水で本剤を十分に洗い流すこと。
副作用
次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には使用を中止するなど適切な処置を行うこと。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(頻度不明)発疹、発赤等の過敏症状[このような症状があらわれた場合には、換気、防護が十分でない可能性があるので、グルタラールの蒸気を吸入またはグルタラールと接触しないよう十分に換気、防護を行うこと(また、このような症状が継続して発生している場合、症状が全身に広がるなど増悪することがあるので、直ちに本剤の取り扱いを中止すること)]。
2). 皮膚:(頻度不明)接触皮膚炎[このような症状があらわれた場合には、換気、防護が十分でない可能性があるので、グルタラールの蒸気を吸入またはグルタラールと接触しないよう十分に換気、防護を行うこと(また、このような症状が継続して発生している場合、症状が全身に広がるなど増悪することがあるので、直ちに本剤の取り扱いを中止すること)]。
取扱い上の注意
14.1. 薬剤調製時の注意14.1.1. 緩衝化剤(液体)は、成分・分量、特性の関係で過飽和溶液の状態になっているので、ときに結晶が析出することがある(このような場合には加温溶解して使用
すること)。
14.1.2. 本剤を用時調製する時、ピペット等で直接吸引して調製しないこと。
14.1.3. 調製後(緩衝化剤添加後)の実用液(3W/V%)は、希釈しないで直ちに使用すること。
14.2. 薬剤使用前の注意グルタラールには一般に、たん白凝固性がみられるので、内視鏡に付着している体液等を除去するため予備洗浄を十分に行ってから薬液に浸漬すること。
14.3. 薬剤使用時の注意14.3.1. 本剤の成分またはアルデヒドに対し過敏症の既往歴のある者は、本剤を取り扱わないこと。
14.3.2. グルタラール水溶液との接触により、皮膚が着色することがあるので、液を取り扱う場合には必ずゴーグル、防水エプロン、マスク、ゴム手袋等の保護具を装着すること。また、皮膚に付着したときは直ちに水で洗い流すこと。
14.3.3. 眼に入らぬようゴーグル等の保護具をつけるなど、十分注意して取り扱うこと(誤って眼に入った場合には、直ちに多量の水で洗ったのち、専門医の処置を受けること)。
14.3.4. グルタラールの蒸気は眼、呼吸器等の粘膜を刺激するので、必ずゴーグル、マスク等の保護具をつけ、吸入または接触しないよう注意すること。換気が不十分な部屋では適正な換気状態の部屋に比べて、空気中のグルタラール濃度が高いとの報告があるので、窓がないところや換気扇のないところでは使用せず、換気状態の良いところでグルタラールを取り扱うこと。
14.3.5. 浸漬の際にはグルタラール蒸気の漏出防止のために、ふた付容器を用い、浸漬中はふたをすること(また、局所排気装置を使用することが望ましい)。
20.1. 誤飲を避けるため、保管及び取り扱いに十分注意すること。
20.2. 開栓後の残余の液は、密栓して保管すること。
20.3. 寒冷地では氷結することがある(このような場合、常温で放置して自然に溶かすこと)。
その他の注意
15.1. 臨床使用に基づく情報グルタラールを取り扱う医療従事者を対象としたアンケート調査では、眼刺激、鼻刺激、頭痛、皮膚炎等の症状が報告されている。また、グルタラール取り扱い者は非取り扱い者に比べて、眼刺激症状、鼻刺激症状、喉刺激症状、頭痛、皮膚症状等の発現頻度が高いとの報告がある。
-
-

18.1 作用機序
グルタラール分子[OHC‐(CH2)3‐CHO]の両端に位置するアルデヒド基が菌体構成アミノ酸のスルフヒドリル基(‐SH)あるいはアミノ基(‐NH2)と反応し、また、微生物のDNA合成・蛋白合成を阻害し、死滅させると考えられている。
18.2 各種細菌に対する効果
グルタラールは、グラム陽性菌(黄色ブドウ球菌、MRSA、結核菌、化膿性連鎖球菌等)、グラム陰性菌(緑膿菌、大腸菌、尋常変形菌等)、細菌芽胞及び真菌等に殺菌効果を示す。
18.3 各種ウイルスに対する不活化作用
インフルエンザA‐2型、単純ヘルペスウイルス、ポリオウイルス1型・2型、アデノウイルス2型を10分以内に不活化し、HBウイルスに対しても効果が認められている。

製造販売会社
東洋製薬化成
販売会社
ヴィアトリス製薬 

おくすりのQ&A

受付中回答5

内服用ルゴール液の算定方法

内服用ルゴール液(ヨウ素83mg/ml)を院内で処方する際の点数と算定方法を教えてください

薬価・添付文書 その他

受付中回答3

併用投薬について

フロセミド注を持続点滴している患者に浮腫増悪の為アゾセミド内服を希望(本人が)
症状詳記行い、査定などは推測されますでしょうか?

薬価・添付文書 その他

解決済回答2

整腸剤の併用について

リアルダ、ミヤBMに今回からラックビー錠と、ビオフェルミン錠追加。...

薬価・添付文書 製品

受付中回答2

オメプラールとオメプラゾール

4月より後発品のオメプラゾールより、先発品のオメプラールの方が薬価が安くなるようですが、安い先発品を選ぶことにより保険請求に影響のある点数はありますか?

薬価・添付文書 その他

解決済回答5

病名

フルオロメトロン点眼には急性結膜炎の病名はいりますか?

薬価・添付文書 

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。