診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和2年 G005-2 中心静脈注射用カテーテル挿入

  1. G005-2 中心静脈注射用カテーテル挿入 1400点

1 カテーテルの挿入に伴う検査及び画像診断の費用は、所定点数に含まれるものとする。

2 6歳未満の乳幼児に対して行った場合は、乳幼児加算として、500点を所定点数に加算する。

3 別に厚生労働大臣が定める患者に対して静脈切開法を用いて行った場合は、静脈切開法加算として、2,000点を所定点数に加算する。

通知

(1) 長期の栄養管理を目的として、中心静脈注射用カテーテル挿入を行う際には、中心静脈注射用カテーテルによる療養の必要性、管理の方法及び終了の際に要される身体の状態等、療養上必要な事項について患者又はその家族等への説明を行うこと。

(2) 長期の栄養管理を目的として、中心静脈注射用カテーテル挿入を実施した後、他の保険医療機関等に患者を紹介する場合は、中心静脈注射用カテーテルによる療養の必要性、管理の方法及び終了の際に要される身体の状態等、療養上必要な事項並びに患者又はその家族等への説明内容等を情報提供すること。

(3) 中心静脈圧測定の目的でカテーテルを挿入した場合は、中心静脈注射用カテーテル挿入に準じて算定する。中心静脈注射及び中心静脈圧測定を同一の回路より同時に行った場合は、どちらか一方のみを算定する。
ただし、中心静脈注射及び中心静脈圧測定を別の回路から別のカテーテルを用いて同時に行った場合は、それぞれ材料料及び手技料を算定できる。

(4) カテーテルの詰まり等によりカテーテルを交換する場合は、カテーテルの材料料及び手技料はその都度算定できる。

(5) カテーテル挿入時の局所麻酔の手技料は別に算定できず、使用薬剤の薬剤料は別に算定できる。

(6) 区分番号「C104」、区分番号「C108」又は区分番号「C108-2」在宅中心静脈栄養法指導管理料、在宅悪性腫瘍等患者指導管理料又は在宅悪性腫瘍患者共同指導管理料を算定している患者(これらに係る在宅療養指導管理材料加算又は薬剤料若しくは特定保険医療材料料のみを算定している者を含む。)について、区分番号「C001」在宅患者訪問診療料(Ⅰ)又は区分番号「C001-2」在宅患者訪問診療料(Ⅱ)を算定する日に、患家において当該訪問診療と併せて中心静脈注射用カテーテル挿入を行った場合は、カテーテルの材料料及び手技料は別に算定できる。

(7) 緊急時ブラッドアクセス用留置カテーテル(ただし、カフ型緊急時ブラッドアクセス用留置カテーテルを除く。)を挿入した場合は、中心静脈注射用カテーテル挿入に準じて算定する。

(8) 中心静脈注射用カテーテル挿入に係る抜去の費用は、所定点数に含まれ別に算定できない。

医科診療報酬のQ&A

  • 受付中 回答1
    膝関節注射について

    同側の膝関節注射についてです。膝後方よりベーカー嚢腫穿刺を行い、薬剤を注入。その後側面より関節穿刺を行い薬剤を注入しています。...

    ゆうさん ゆう さん 医療事務(医事) 2021/07/28
  • 受付中 回答1
    ケロイドに対するケナコルトA注射

    ケロイドに対するケナコルトA注射をケロイド内に局所麻酔下で行った場合、皮下注射20点に使用薬剤の点数を加えたものを請求するのでしょうか?...

    けんわたなへさん けんわたなへ さん 医師(勤務医) 2021/07/13
  • 解決済 回答1
    iMAP(≒骨髄注射)の手技料について

    もともと人工膝関節感染で入院されていた方に、iMAP(≒骨髄注射)でゲンタマイシンを持続注射することになりました。当方、初めてこの文言を見て、どう算定して...

    にしやんさん にしやん さん 医療事務(医事) 2021/07/12
  • 受付中 回答2
    在宅注射について

    いつもお世話になっております。

    退院時に在宅で使用する注射薬を持ち帰る場合に麻薬等注射加算は算定できるのでしょうか?

    sakurairoさん sakurairo さん 医療事務(医事) 2021/07/08
  • 受付中 回答2
    同一製剤の同一日の皮下筋注

    同一日に、同じ製剤を複数回、皮下注した場合には、手技料は1回しか算定できないのでしょうか?規格にて、同一製剤を2A(右腕1A、大腿1A)等に注射する事があ...

    シュナさん シュナ さん 医療事務(医事) 2021/07/02

10分調べても分からないことは、しろぼんねっとで質問!

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。