診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 A205-2 超急性期脳卒中加算(入院初日)

  1. A205-2 超急性期脳卒中加算(入院初日) 10800点

別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関に入院している患者(第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)又は第3節の特定入院料のうち、超急性期脳卒中加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)であって別に厚生労働大臣が定めるものに対して、組織プラスミノーゲン活性化因子を投与した場合又は当該施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た他の保険医療機関の外来において、組織プラスミノーゲン活性化因子の投与後に搬送され、入院治療を行った場合に、入院初日に限り所定点数に加算する。

通知

(1) 超急性期脳卒中加算は脳梗塞と診断された患者であって、発症後4.5時間以内に組織プラスミノーゲン活性化因子を投与されたものに対して、入院治療を行った場合又は脳梗塞を発症後 4.5 時間以内に「基本診療料の施設基準等」第八の六の三に定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た他の保険医療機関の外来で組織プラスミノーゲン活性化因子を投与された患者を受け入れ、入院治療を行った場合に入院初日に限り所定点数に加算する。なお、ここでいう入院初日とは、第2部通則5に規定する起算日のことをいい、入院期間が通算される再入院の初日は算定できない。

(2) 「基本診療料の施設基準等」別表第六の二に所在する保険医療機関において、情報通信機器を用いて他の保険医療機関と連携し、診療を行うに当たっては、日本脳卒中学会が定める「脳卒中診療における遠隔医療(Telestroke)ガイドライン」に沿って診療を行うこと。なお、この場合の診療報酬の請求については(6)と同様である。

(3) 投与に当たっては、日本脳卒中学会脳卒中医療向上・社会保険委員会rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法指針改訂部会作成の「rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法適正治療指針」を踏まえ適切に行われるよう十分留意すること。

(4) 投与を行う保険医は日本脳卒中学会等の関係学会が行う脳梗塞t-PA適正使用に係る講習会を受講していること。

(5) 組織プラスミノーゲン活性化因子の投与に当たっては、必要に応じて、薬剤師、診療放射線技師又は臨床検査技師と連携を図ること。

(6) 組織プラスミノーゲン活性化因子を投与した保険医療機関と投与後に入院で治療を行った保険医療機関が異なる場合の当該診療報酬の請求は、組織プラスミノーゲン活性化因子の投与後に入院治療を行った保険医療機関で行うものとし、当該診療報酬の分配は相互の合議に委ねる。

医科診療報酬 入院料等のQ&A

解決済回答2

再入室時の早期離床・リハビリテーション加算について

特定集中治療室管理料注4の早期離床・リハビリテーション加算について、入室した日から起算して14日を限度として500点を所定点数に加算することができると記載...

医科診療報酬 入院料等

受付中回答1

手術目的の入院だったが手術中止となった場合のせん妄ハイリスクケア加算や入退院支援加算について

たまに、手術目的で入院したものの、いろいろな理由で手術は中止ないし延期となり、すぐに退院となる方がいます。...

医科診療報酬 入院料等

解決済回答1

身体拘束の診療録等の記載について

勉強不足でお恥ずかしいのですが、是非、ご教授ください。
身体拘束をした場合に診療録等に記載する必要があるのは、認知症ケア加算の他にありますか?...

医科診療報酬 入院料等

受付中回答1

精神科急性期治療病棟から認知症治療病棟への転棟

精神科急性期治療病棟に入院後1週間程度で認知症治療病棟に転棟となった場合、入院起算日より転棟1日前までは急性期治療病棟入院料の算定、その後転棟日から30日...

医科診療報酬 入院料等

解決済回答1

回復期リハビリテーション病棟入院料について

回復期リハビリテーション病棟から自宅退院後、入院料算定期限内に再度回復期リハビリテーション病棟へ入院する際、回復期リハビリテーション入院料は算定できますか。

医科診療報酬 入院料等

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。