診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 A242-2 術後疼痛管理チーム加算(1日につき)

  1. A242-2 術後疼痛管理チーム加算(1日につき) 100点

別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、区分番号L008に掲げるマスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔を伴う手術を行った患者であって、継続して手術後の疼痛管理を要するものに対して、当該保険医療機関の麻酔に従事する医師、看護師、薬剤師等が共同して疼痛管理を行った場合に、当該患者(第1節の入院基本料(特別入院基本料等を除く。)又は第3節の特定入院料のうち、術後疼痛管理チーム加算を算定できるものを現に算定している患者に限る。)について、手術日の翌日から起算して3日を限度として所定点数に加算する。

通知

(1) 術後疼痛管理チーム加算は、質の高い疼痛管理による患者の疼痛スコアの減弱、生活の質の向上及び合併症予防等を目的として、術後疼痛管理に係る専門的知識を有した多職種からなるチーム(以下「術後疼痛管理チーム」という。)が必要な疼痛管理を実施することを評価したものである。

(2) 術後疼痛管理チーム加算は、区分番号「L008」に掲げるマスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔を受けた患者であって、手術後に継続した硬膜外麻酔後における局所麻酔剤の持続的注入、神経ブロックにおける麻酔剤の持続的注入又は麻薬を静脈内注射により投与しているもの(覚醒下のものに限る。)に対して、術後疼痛管理チームが必要な疼痛管理を行った場合に、手術日の翌日から起算して3日を限度として、所定点数に加算する。

(3) 術後疼痛管理チームは、術後疼痛管理プロトコルを作成し、その内容に基づき、術後疼痛管理が必要な患者の状態に応じた疼痛管理及びその評価を行い、その内容を診療録に記載すること。なお、必要に応じて当該患者の診療を行う医師及び術後疼痛管理チーム以外の医師、看護師等と連携して対応すること。

医科診療報酬 入院料等のQ&A

受付中回答0

新型コロナ 療養病棟 処方算定について

療養病棟入院中にコロナ陽性患者が出ました。
都道府県から受け入れ病床として、割り当てられた療養病床ではありません。...

医科診療報酬 入院料等

受付中回答0

入院中コロナ陽性 レセプト請求について

いつもお世話になっております。...

医科診療報酬 入院料等

受付中回答0

療養病棟入院基本料注11のFIM測定

確認のためお聞きしたいのですが、リハビリをしている患者にはFIM測定を月1回やらなければ区分1の100分の75で算定するというのは療養病棟入院基本料注11...

医科診療報酬 入院料等

解決済回答1

医師事務作業補助体制加算の派遣時の算定について

タイトルのとおり、新たに派遣して頂くこととなりました。
通則の(4)...

医科診療報酬 入院料等

解決済回答1

DPC病院で脳梗塞で入院となり、入院時検査でコロナ陽性が判明し、コロナ重点病床に入ったときのDPC/出来高の考え方について

脳梗塞で入院となった患者で、入院時検査でコロナ陽性がわかり、当院のコロナ重点病床に入った患者についてです。最病が脳梗塞で、コロナが併存となった場合、DPC...

医科診療報酬 入院料等

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。