診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 N005 HER2遺伝子標本作製

  1. 1 単独の場合 2700点
  2. 2 区分番号N002に掲げる免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製の3による病理標本作製を併せて行った場合 3050点

通知

(1) HER2遺伝子標本作製は、抗HER2ヒト化モノクローナル抗体抗悪性腫瘍剤の投与の適応を判断することを目的として、FISH法、SISH法又はCISH法により遺伝子増幅標本作製を行った場合に、当該抗悪性腫瘍剤の投与方針の決定までの間に1回を限度として算定する。

(2) 本標本作製と区分番号「N002」免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製の「3」を同一の目的で実施した場合は、本区分の「2」により算定する。

医科診療報酬 病理診断のQ&A

解決済回答1

婦人科細胞診で、頚部と体内膜をLBCで行う場合

N004細胞診(1材料につき)内で、婦人科材料等について『固定保存液に回収した検体から標本を作製して、診断を行った場合には、婦人科材料等液状化検体細胞診加...

医科診療報酬 病理診断

受付中回答1

上部 下部 同日算定

上部と下部の病理検査は同日算定できますか

医科診療報酬 病理診断

受付中回答0

病理診断管理加算の算定について

「病理診断管理加算1」を届出している医療機関Aが、「病理診断管理加算2」を届出している医療機関Bと「保険医療機関間の連携による病理診断」を届出して連携診断...

医科診療報酬 病理診断

受付中回答2

乳癌診断後 新規病変に対し病理診断、免疫染色

右乳癌の診断にて
経口化学療法を施行中
右に新規病変出現あり
CNB施行した場合
病理組織標本作成と
免疫染色はそれぞれ算定できるのでしょうか?...

医科診療報酬 病理診断

解決済回答1

【疑義解釈】6.診断群分類点数表等により算定される診療報酬について《R04-001-q006-07-00-i》

コロンブラッシュ法については、区分番号「D311」直腸鏡検査の所定点数に、沈渣塗抹染色による細胞診断の場合は区分番号「N004」細胞診の所定点数を、また、...

医科診療報酬 病理診断

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。