診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 C110-5 在宅舌下神経電気刺激療法指導管理料

別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関において、在宅において舌下神経電気刺激療法を行っている入院中の患者以外の患者に対して、在宅舌下神経電気刺激療法に関する指導管理を行った場合に算定する。

通知

(1) 在宅舌下神経電気刺激療法指導管理料は、舌下神経電気刺激装置を植え込んだ閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者に対し、診察とともに使用状況・治療効果を踏まえ、装置の状態について確認・調整等を行った上で、当該治療に係る指導管理を行った場合に算定する。

(2) プログラムの変更に係る費用は所定点数に含まれる。

(3) 計測した指標と指導内容を診療録に添付又は記載すること。

医科診療報酬 在宅医療のQ&A

受付中回答2

外来後発医薬品使用体制加算について

お世話になります。
今、外来後発医薬品使用体制加算2をクリニックで施設基準として認められているのですが、今回の改正で再度申請等は必要なのでしょうか?...

医科診療報酬 在宅医療

受付中回答0

在宅医療情報連携加算について

いつもお世話になります。
表題の在宅医療情報連携加算についてですが、こちらの要件となるICTツールの種類については...

医科診療報酬 在宅医療

解決済回答2

往診料算定について

ご教授ください。...

医科診療報酬 在宅医療

受付中回答2

施設等入居時等医学総合管理料のユニット

6月の改正で、在宅時医学総合管理料と施設等入居時等医学総合管理料の単一建物診療患者数が細分化されました。ところで、ユニットはまだ適応されるのでしょうか?...

医科診療報酬 在宅医療

解決済回答2

在宅時医学総合管理料と生活習慣病管理料について

在宅時医学総合管理料を算定している患者様について、これまでは特定疾患療養管理料は併算定出来ませんでしたが、6月からの生活習慣病管理料は併算定出来ますでしょ...

医科診療報酬 在宅医療

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。

検索した単語がハイライトで表示されます

しろぼんねっと 新規会員登録受付中! 新規会員登録で200ptプレゼント