診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 D217 骨塩定量検査

  1. 1 DEXA法による腰椎撮影 360点
    1. 注 同一日にDEXA法により大腿骨撮影を行った場合には、大腿骨同時撮影加算として、90点を所定点数に加算する。
  2. 2 REMS法(腰椎) 140点
    1. 注 同一日にREMS法により大腿骨の骨塩定量検査を行った場合には、大腿骨同時検査加算として、55点を所定点数に加算する。
  3. 3 MD法、SEXA法等 140点
  4. 4 超音波法 80点

検査の種類にかかわらず、患者1人につき4月に1回に限り算定する。

通知

(1) 骨塩定量検査は、骨粗鬆症の診断及びその経過観察の際のみ算定できる。ただし、4月に1回を限度とする。

(2) 「1」の注はDEXA法による腰椎撮影及び大腿骨撮影を同一日に行った場合にのみ算定できる。

(3) 「2」のREMS法(腰椎)は、REMS法(Radiofrequency Echographic Multi-spectrometry)による腰椎の骨塩定量検査を実施した場合に算定する。

(4) 「2」の注は、REMS法により腰椎及び大腿骨の骨塩定量検査を同一日に行った場合にのみ算定できる。

(5) 「3」の「MD法、SEXA法等」の方法には、DEXA法(dual Energy x-Ray Absorptiometry)、単一光子吸収法(SPA:Single Photon Absorptiometry)、二重光子吸収法(DPA:Dual Photon Absorptiometry)、MD法(Microdensitometryによる骨塩定量法)、DIP法(Digital Image Processing)、SEXA法(single Energy x-Ray Absorptiometry)、単色X線光子を利用した骨塩定量装置による測定及びpQCT(peripheral Quantitative Computed Tomography)による測定がある。

(6) MD法による骨塩定量検査を行うことを目的として撮影したフィルムを用いて画像診断を併施する場合は、「3」の「MD法、SEXA法等」の所定点数又は画像診断の手技料(区分番号「E001」写真診断及び区分番号「E002」撮影)の所定点数のいずれか一方により算定する。ただし、区分番号「E400」フィルムの費用は、いずれの場合でも、手技料とは別に算定できる。

医科診療報酬 検査のQ&A

受付中回答1

【B型肝炎ウイルス検査】JAK阻害剤(内服)を投与前のスクリーニング検査

アトピー性皮膚炎に対するJAK阻害剤(内服)の投与前のスクリーニング検査項目に「B型肝炎ウイルス」があります。※学会、厚労省より推奨...

医科診療報酬 検査

受付中回答1

骨粗鬆症に対してのTRACP-5bについて

いつもお世話なります。
採血についてご教示お願いします。
2020年6月22日にDEXAを行い骨粗鬆症の診断をした患者さんです。...

医科診療報酬 検査

受付中回答2

検査の減点について考えられることを教えてください。

R4年8月分の減点です。
血液検査のFeとカルシウム、無機リン及びリン酸39点が減点となりました。国保分です。減点事由は【D】 でした。...

医科診療報酬 検査

受付中回答1

クレアチニンと尿中一般

クレアチニンを算定する場合、尿中一般も算定が必要か?

医科診療報酬 検査

受付中回答2

血管内皮機能検査について

血管内皮機能検査と精密持続点滴注射加算を同日にした場合どちらかしか算定出来ないのでしょうか?

医科診療報酬 検査

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。