診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 J001-10 静脈圧迫処置(慢性静脈不全に対するもの)

  1. J001-10 静脈圧迫処置(慢性静脈不全に対するもの) 200点

1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行われる場合に限り算定する。

2 初回の処置を行った場合は、静脈圧迫処置初回加算として、初回に限り150点を所定点数に加算する。

通知

(1) 静脈圧迫処置は、慢性静脈不全による難治性潰瘍の患者であって、次のいずれにも該当する場合に、月に1回に限り、3月を限度として算定する。ただし、初回の潰瘍の大きさが 100cm2を超える場合は6月を限度として算定する。
ア 2週間以上持続し、他の治療法によっては治癒又は改善しない下肢の難治性潰瘍を有する患者である場合。
イ 次のいずれかの方法により、慢性静脈不全と診断された患者であって、それ以外の原因が否定されている場合。
① 下肢静脈超音波検査により、表在静脈において0.5秒、深部静脈において1秒を超える逆流所見が認められる場合又は深部静脈において有意な閉塞所見が認められる場合
② 動脈性静脈性混合性潰瘍が疑われる場合であって、足関節上腕血圧比(ABI)検査0.5以上の場合

(2) 静脈圧迫処置は、専任の医師が直接行うもの又は専任の医師の指導の下、専任の看護師が行うものについて算定する。なお、当該医師又は看護師は、関連学会が主催する所定の研修会を受講していること。

(3) 静脈圧迫処置は、弾性着衣又は弾性包帯による圧迫、圧迫下の運動及び患肢のスキンケアによるセルフケア指導を適切に組み合わせて、処置及び指導を行った場合に算定する。

(4) 関連学会が定める指針等を遵守すること。

(5) 診療報酬の請求に当たって、診療報酬明細書の摘要欄に、難治性潰瘍の所見(潰瘍の持続期間、部位、深達度及び面積を含む。)、これまでの治療経過、慢性静脈不全と診断した根拠(下肢静脈超音波検査等の所見)、静脈圧迫処置を必要とする医学的理由及び指導内容について記載すること。

医科診療報酬 処置のQ&A

受付中回答1

下肢創傷処置

お疲れ様です。足部の潰瘍に下肢創傷処置を算定する患者様に下肢の重度褥瘡処置は併せて算定可能でしょうか?...

医科診療報酬 処置

受付中回答1

透析時運動指導等加算について

いつも勉強させていただいております。
透析時運動指導等加算についてです。...

医科診療報酬 処置

受付中回答2

食道ブジー法について

内視鏡検査にて胃カメラが食道狭窄で中まで入らず、ブジーで拡張させて行った場合、食道ブジー法120点の算定は可能でしょうか?

医科診療報酬 処置

解決済回答1

ペンローズドレーン留置について

右下肢大腿部の皮下膿瘍排出のため、...

医科診療報酬 処置

解決済回答1

皮膚科軟膏処置について

100平方センチから500平方センチ55点は基本診療料に入ってるので算定不可とありますが、どういう時に算定出来ますか? 

医科診療報酬 処置

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。