診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 J054 皮膚科光線療法(1日につき)

  1. 1 赤外線又は紫外線療法 45点
    1. 注 入院中の患者以外の患者についてのみ算定する。
  2. 2 長波紫外線又は中波紫外線療法(概ね290ナノメートル以上315ナノメートル以下のもの) 150点
  3. 3 中波紫外線療法(308ナノメートル以上313ナノメートル以下に限定したもの) 340点

通知

(1) 赤外線療法は、ソラックス灯等の赤外線を出力する機器を用いて行った場合に算定できる。

(2) 紫外線療法は、フィンゼン灯、クロマイエル水銀石英灯等の紫外線を出力する機器を用いて行った場合に算定できる。

(3) 赤外線又は紫外線療法(長波紫外線療法及び中波紫外線療法を除く。)は、5分以上行った場合に算定する。

(4) 長波紫外線又は中波紫外線療法は、長波紫外線(概ね315ナノメートル以上400ナノメートル以下)又は、中波紫外線(概ね290ナノメートル以上315ナノメートル以下)を選択的に出力できる機器によって長波紫外線又は中波紫外線療法を行った場合に算定できるものであり、いわゆる人工太陽等の長波紫外線及び中波紫外線を非選択的に照射する機器によって光線療法を行った場合は、赤外線又は紫外線療法の所定点数によって算定する。

(5) 中波紫外線療法(308ナノメートル以上313ナノメートル以下に限定したもの)は、いわゆるナローバンドUVB療法をいい、308ナノメートル以上313ナノメートル以下の中波紫外線を選択的に出力できる機器によって中波紫外線療法を行った場合に算定する。

(6) 長波紫外線療法又は中波紫外線療法は乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症、菌状息肉腫(症)、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎又は円形脱毛症に対して行った場合に限って算定する。

(7) 赤外線療法、紫外線療法、長波紫外線療法又は中波紫外線療法を同一日に行った場合は、主たるものの所定点数のみにより算定する。また、同じものを同一日に複数回行った場合でも、1日につき所定点数のみにより算定する。

(8) 皮膚科光線療法は、同一日において消炎鎮痛等処置とは併せて算定できない。

医科診療報酬 処置のQ&A

受付中回答1

自己血輸血と保存血液輸血の同日算定

21日に「手術」「自己血輸血」を算定。同月28日に「手術」「自己血輸血」「保存血液輸血」を行った場合、...

医科診療報酬 処置

受付中回答0

創傷処置の処置範囲

初歩的な質問で恐縮です。
入院中の患者の創傷処置について、術後14日間は創部の大きさ関係なく算定可能のため医師・看護師のカルテ記載を確認しています。...

医科診療報酬 処置

受付中回答0

破折片の除去について

抜歯後に残っていた破折片を別日に除去した場合、算定は出来ますか?また、病名は何になりますか?

医科診療報酬 処置

解決済回答2

創傷処置100平方センチ未満について

看護必要度評価表より、創傷処置について、傷の深さや範囲は問わないとありますが創傷処置100平方センチ未満でも、A項目の点数に含むことが可能でしょうか。

医科診療報酬 処置

受付中回答2

人工腎臓について

透析中の血圧低下によりエホチールを投与した場合、人工腎臓を手技に薬剤料の算定は可能でしょうか?...

医科診療報酬 処置

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。