診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 4 その他の診療料

  1. 併設保険医療機関に係る緊急時施設治療管理料、施設入所者自己腹膜灌流薬剤料及び施設入所者材料料以外の診療料の算定は、第1章及び第2章の例による。ただし、第1章及び第2章に掲げる診療料のうち次に掲げるものについては算定しない。
    1. イ 第1章基本診療料並びに第2章特掲診療料第1部医学管理等及び第2部在宅医療に掲げる診療料
    2. ロ 第2章特掲診療料第3部検査に掲げる診療料(別に厚生労働大臣が定める検査に係るものに限る。)
    3. ハ 第2章特掲診療料第5部投薬に掲げる診療料(別に厚生労働大臣が定める投薬に係るもの及び別に厚生労働大臣が定める内服薬又は外用薬に係る費用を除く。)
    4. ニ 第2章特掲診療料第6部注射に掲げる診療料(別に厚生労働大臣が定める注射に係るもの及び別に厚生労働大臣が定める注射薬に係る費用を除く。)
    5. ホ 第2章特掲診療料第7部リハビリテーションに掲げる診療料(別に厚生労働大臣が定めるリハビリテーションに係るものに限る。)
    6. ヘ 第2章特掲診療料第8部精神科専門療法に掲げる診療料
    7. ト 第2章特掲診療料第9部処置に掲げる診療料(別に厚生労働大臣が定める処置に係るものに限る。)
    8. チ 第2章特掲診療料第10部手術に掲げる診療料(別に厚生労働大臣が定める手術に係るものに限る。)
    9. リ 第2章特掲診療料第11部麻酔に掲げる診療料(別に厚生労働大臣が定める麻酔に係るものに限る。)

通知

(1) 施設入所者に対する診療料として併設保険医療機関が算定できるのは別紙のとおりであること。

(2) 「特掲診療料の施設基準等」第十六及び別表第十二に規定する検査等の取扱いによること。

(3) 算定できないものとされた診療料については、その診療に伴い使用した薬剤及び保険医療材料の費用についても算定できないものであること(ただし、「特掲診療料の施設基準等」第十六第二号に掲げる内服薬及び外用薬並びに同第三号に掲げる注射薬の費用は別に算定できる。)。また、算定できるものとされた診療料に伴い使用した薬剤及び保険医療材料の費用については、第1章及び第2章の例により算定できるものであること。

クリックで拡大表示

医科診療報酬 のQ&A

受付中回答0

がん患者指導管理料の算定回数について

B001-23 がん患者指導管理料ハについて質問です。
「患者1人につき6回に限り算定する」の解釈ですが、
①レジメンが変わったとき...

医科診療報酬 医学管理等

受付中回答1

下肢創傷処置

お疲れ様です。足部の潰瘍に下肢創傷処置を算定する患者様に下肢の重度褥瘡処置は併せて算定可能でしょうか?...

医科診療報酬 処置

受付中回答0

在宅患者訪問点滴注射管理指導料について

通院より在宅医療に切り替わった患者様です。
例えば8日までが外来。9日より在宅...

医科診療報酬 在宅医療

受付中回答0

訪問診療 オンラインについて

お世話になります。月2〜3回の訪問診療を行ううち、1回をオンラインで行うことになりました。定める状態の患者さんです。...

医科診療報酬 在宅医療

受付中回答0

ビクシリン注射

ビクシリン注射用0.25g 250mg 1瓶 Aqなのですが、この時、レセプトには注射用水何と書けばいいのでしょうか?

医科診療報酬 注射

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。