診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 M000 補綴時診断料(1装置につき)

  1. 1 補綴時診断(新製の場合) 90点
  2. 2 補綴時診断(1以外の場合) 70点

1 当該診断料は、病名、症状、治療内容、製作を予定する部位、欠損補綴物の名称、欠損補綴物に使用する材料、設計、治療期間等について、患者に対し、説明を行った場合に算定する。

2 1については、欠損補綴物を新たに製作する場合に算定する。

3 2については、区分番号M029に掲げる有床義歯修理又は区分番号M030に掲げる有床義歯内面適合法を実施した場合に算定する。

4 保険医療材料料は、所定点数に含まれる。

通知

(1) 補綴時診断料は、新たな欠損補綴及び有床義歯の床裏装等を行う際に、当該治療を開始した日に患者に対して治療等に関する説明を行った場合に算定する。

(2) 「1 補綴時診断(新製の場合)」については、ブリッジ又は有床義歯を新たに製作する際に、補綴時診断を行った場合に算定する。

(3) 「2 補綴時診断(1以外の場合)」は、新たに生じた欠損部の補綴に際し、既製の有床義歯に人工歯及び義歯床を追加する際又は有床義歯の床裏装を行う際に、補綴時診断を行った場合に算定する。

(4) 「1 補綴時診断(新製の場合)」を算定後、当該有床義歯に対して、新たに人工歯及び義歯床を追加した場合においては、前回補綴時診断料を算定した日から起算して3月以内は補綴時診断料を算定できない。

(5) 新たに生じた欠損部の補綴に際して、「2 補綴時診断(1以外の場合)」を算定後、同一の有床義歯に対して、再度、人工歯及び義歯床を追加する場合においては、前回補綴時診断料を算定した日から起算して3月以内は補綴時診断料を算定できない。

(6) 補綴時診断料の算定に当たっては、製作を予定する部位、欠損部の状態、欠損補綴物の名称及び設計等についての要点を診療録に記載する。

(7) 補綴時診断料を算定した場合は、補綴物の診断設計に基づき、患者に装着する予定の補綴物について、義歯、ブリッジ等の概要図、写真等を用いて患者に効果的に情報提供を行う。

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴のQ&A

解決済回答1

新製と同時床裏装について②

重ね重ねご質問で申し訳ありませんが、算定点数に関してですが、シリコーン系396点、アクリル系330点に装着料(総義歯230点)が、床の装着料2194+23...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

解決済回答1

新製義歯製作時と同時の軟質素材での裏装について

旧義歯で軟質素材を用いた床裏装をしていた患者に対して総義歯を新製する際に、引き続き軟質素材を用いる必要がある場合は、旧義歯と同じ義歯床用軟質素材を用いた場...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

解決済回答1

増歯修理目的の印象

先月に#左上1が破折したため増歯修理目的の印象を行い、当月増歯修理セット予定していたところ、隣在歯である#左上2も同様に破折してしまいました。この場合、先...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

解決済回答1

鉤の付け替えについて

鉤を外し、外した鉤を再度付け治した場合は、鉤除去の算定は可能でしょうか?
よろしくお願い致します。

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

鉤除去について

義歯を入れてる患者さんで、義歯をすぐ新製するのではなく、今までの義歯を修理しながら使う場合、鉤がかかっている歯を治療して、1度鉤除去を行い、歯の治療が終わ...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。

検索した単語がハイライトで表示されます

しろぼんねっと 新規会員登録受付中! 新規会員登録で200ptプレゼント