診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 M010-3 接着冠(1歯につき)

  1. 1 前歯 370点
  2. 2 臼歯 310点

接着ブリッジのための接着冠に用いる場合に算定する。

通知

(1) 接着冠とは、接着ブリッジ(いわゆる従来型ブリッジと同様に支台装置、ポンティック、連結部より構成されるが、支台歯のうち少なくとも1歯(以下「接着ブリッジ支台歯」という。)の切削をエナメル質にとどめ、咬合力に対する抵抗形態、脱離力に対する維持形態を付与し、接着性レジンを用いて支台歯に用いるものをいう。以下同じ。)を装着する場合における、接着ブリッジ支台歯に対して用いる支台装置をいう。また、接着ブリッジは1歯欠損症例において、接着ブリッジ支台歯を生活歯に求める場合に認められる。

(2) 「1 前歯」とは前歯に対して接着冠を用いる場合をいう。

(3) 「2 臼歯」とは臼歯に対して接着冠を用いる場合をいう。

(4) 接着冠を装着する場合は、次により算定する。
イ 歯冠形成を行った場合は、1歯につき、区分番号M001に掲げる歯冠形成の「1のイ 金属冠」及び区分番号M001に掲げる歯冠形成の「注4」の加算を算定する。
ロ 印象採得を行った場合は、接着ブリッジ1装置につき、区分番号M003に掲げる印象採得の「2のニの(1)支台歯とポンティックの数の合計が5歯以下の場合」を算定する。
ハ 装着した場合は、接着ブリッジ1装置につき、区分番号M005に掲げる装着の「2のイの(1)支台歯とポンティックの数の合計が5歯以下の場合」を算定し、区分番号M005に掲げる装着の「注2」の加算を接着冠ごとに算定する。また、特定保険医療材料料を別に算定する。

(5) 接着冠を用いて製作された接着ブリッジは区分番号M000-2に掲げるクラウン・ブリッジ維持管理料の対象となる。

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴のQ&A

解決済回答1

増歯修理後、初診が変わったら

増歯修理後、3ヶ月以内の新製義歯は補診の算定ができないことになっていますが、初診を新たに起こした場合は如何でしょうか?

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

前歯のインレーブリッジの件

③②112③の上顎ブリッジです。支台歯③②③をインレーで製作出来ますか?4/3冠の方がよろしいでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いします。

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

脱離再装着時の装着料

補管期間が過ぎた歯冠修復物と支台築造の再装着をした場合、冠装着料と支台築造の装着料...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

義歯の人工歯 隙について

上2-2欠損、上左右7-3残存の症例です。

Pでフレアーアウトがひどく...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

即時義歯について

即時義歯は歯があるうちに義歯を作成して、義歯装着時に歯を抜いて義歯を装着することでありますが、抜歯禁忌症例のケースでは残根上の即時義歯を製作することは可能...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。