診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 M016 乳歯冠(1歯につき)

通知

(1) 「1 乳歯金属冠」とは、乳歯に対する既製の金属冠をいう。

(2) 乳歯金属冠を装着するに当たっては、次により算定する。
イ 歯冠形成を行った場合は1歯につき、生活歯の場合は区分番号M001に掲げる歯冠形成の「1のハ 既製冠」を、失活歯の場合は区分番号M001に掲げる歯冠形成の「2のハ 既製冠」を算定する。
ロ 印象採得を行った場合は1歯につき、区分番号M003に掲げる印象採得の「1の
イ 単純印象」を算定し、咬合採得を行った場合は、区分番号M006に掲げる咬合採得の「1 歯冠修復」を算定する。
ハ 装着した場合は、1歯につき区分番号M005に掲げる装着の「1 歯冠修復」及び保険医療材料料を算定する。

(3) 「2 1以外の場合」は、次の場合に算定する。
イ 乳歯に対してジャケット冠を装着する場合
① 歯冠形成を行った場合は1歯につき、生活歯の場合は区分番号M001に掲げる歯冠形成の「1のロ 非金属冠」を、失活歯の場合は区分番号M001に掲げる歯冠形成の「2のロ 非金属冠」を算定する。
② 印象採得を行った場合は1歯につき、区分番号M003に掲げる印象採得の「1のイ 単純印象」を算定し、咬合採得を行った場合は区分番号M006に掲げる咬合採得の「1 歯冠修復」を算定する。
③ 装着した場合は、1歯につき、区分番号M005に掲げる装着の「1 歯冠修復」及び保険医療材料料を算定する。
ロ 乳歯の前歯の歯冠部全体のエナメル質の一層を削除し、エナメルエッチング法を実施した後、クラウンフォームのビニールキャップに複合レジンを填入し、支台歯に圧接を行い、硬化後キャップを除去した上で、調整して歯冠修復を完成した場合この場合において、生活歯に歯冠形成を行った場合は区分番号M001に掲げる歯冠形成の「1のロ 非金属冠」により算定し、失活歯に歯冠形成を行った場合は区分番号M001に掲げる「2のロ 非金属冠」により算定し、使用した保険医療材料料は、歯科充填用材料Ⅰ又はⅡの「(1) 単純なもの」と「(2) 複雑なもの」を合算して算定する。なお、永久歯の前歯に対して行う場合についても、区分番号M016に掲げる乳歯冠の「2 1以外の場合」により算定して差し支えない。

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴のQ&A

解決済回答1

SPTと補綴治療

くじらさん。いつも詳しいご説明をありがとうございます。
6/21の回答について再度質問です。...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

SPTと補綴治療

「SPT算定についてC処置、補綴処置等の他の一連の治療処置が終 了後に算定する旨のガイドラインが示されています。算定時期についてご一考ください。」...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

解決済回答1

歯技連の算定について

歯技連1、2の加算について、前歯部含む少数歯ブリッジについても算定可能かと思われますが、それについて書かれたものが見つからないのですがいかがなものでしょうか?

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

解決済回答1

補管期間内に補綴物再製作の着手した場合の補管算定について

補管期間内に形成印象に着手した場合、set時点で補管が切れていても補綴物の点数は算定不可と思いますが、新たに維持管理料をset時に算定することは可能でしょ...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

受付中回答1

咀嚼できない人の早期義歯補綴

残存歯が非常に少ない、または残根等で咀嚼ができない患者さんが来院した場合。早期に義歯を装着して、その後残存歯の保存の可否を判断し、その転帰(*)に応じて修...

歯科診療報酬 歯冠修復及び欠損補綴

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。

検索した単語がハイライトで表示されます

しろぼんねっと 新規会員登録受付中! 新規会員登録で200ptプレゼント