診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

令和4年 I030-2 非経口摂取患者口腔粘膜処置(1口腔につき)

  1. I030-2 非経口摂取患者口腔粘膜処置(1口腔につき) 110点

1 経口摂取が困難な患者に対して、歯科医師又はその指示を受けた歯科衛生士が口腔粘膜処置等を行った場合に、月2回に限り算定する。

2 非経口摂取患者口腔粘膜処置を算定した月において、区分番号I010に掲げる歯周病処置、区分番号I011に掲げる歯周基本治療、区分番号I011-2に掲げる歯周病安定期治療、区分番号I011-2-3に掲げる歯周病重症化予防治療、区分番号I029に掲げる周術期等専門的口腔衛生処置、区分番号I029-2に掲げる在宅等療養患者専門的口腔衛生処置及び区分番号I030に掲げる機械的歯面清掃処置は別に算定できない。

通知

(1) 非経口摂取患者口腔粘膜処置は、歯科医師又はその指示を受けた歯科衛生士が、口腔衛生状態の改善を目的として、口腔清掃用具等を用いて、口腔の剥離上皮膜の除去を行った場合に算定する。

(2) 当該処置の対象患者は、経管栄養等を必要とする、経口摂取及び患者自身による口腔清掃が困難な療養中の患者であって、口腔内に剥離上皮膜の形成を伴うものをいう。

(3) 主治の歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、患者に対して当該処置を行った場合は、主治の歯科医師は当該歯科衛生士の氏名を診療録に記載する。

歯科診療報酬 処置のQ&A

受付中回答0

ポンティック除去について

③④5⑥Brで、4,6がP3で抜歯のとき、
切断一箇所(3,4間)と合わせて、5のポンティック除去は算定可能でしょうか?...

歯科診療報酬 処置

受付中回答0

外科処置後抜糸のときの浸潤麻酔

外科処置後抜糸のときの浸潤麻酔について質問があります。...

歯科診療報酬 処置

受付中回答1

小児のP重防について

小児の継続的な歯周組織の管理・歯周疾患の予防という観点からP重防の算定を考えていますが、P混検でなく基本検査が必要であることから、永久歯数の少ない混合歯列...

歯科診療報酬 処置

受付中回答0

P処 特定薬剤

テトラサイクリンプレステロン歯科用軟膏0.2gは、ミノサイクリンやペリオフィールのようにP処+特定薬剤として算定可能でしょうか?
特定薬剤...

歯科診療報酬 処置

受付中回答0

P処 特定薬剤

テトラサイクリンプレステロン歯科用軟膏0.2gは、ミノサイクリンやペリオフィールのようにP処+特定薬剤として算定可能でしょうか?P処 特定薬剤...

歯科診療報酬 処置

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。