診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

スピラマイシン錠150万単位「サノフィ」

販売名
スピラマイシン錠150万単位「サノフィ」
識別コード
RPR 107
薬価
150万国際単位1錠 228.80円
製造メーカー
サノフィ

添付文書情報2018年09月改定(第1版)

商品情報

薬効分類名
その他の抗原虫剤
一般名
スピラマイシン錠
禁忌
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
効能・効果
先天性トキソプラズマ症の発症抑制。
<効能又は効果に関連する使用上の注意>
1.最新の国内診療ガイドライン等を参考に、本剤の投与の適否を検討する。
2.トキソプラズマ抗体検査、問診等により妊娠成立後のトキソプラズマ初感染が疑われる妊婦に対して使用する。
3.本剤は母体から胎児への感染の抑制を目的として使用する薬剤であるため、投与開始前に、胎児へのトキソプラズマ感染が疑われる場合には、本剤の投与の適否について慎重に検討する。
用法・用量
妊婦には1回スピラマイシンとして300万国際単位を1日3回経口投与する。
<用法及び用量に関連する使用上の注意>
1.妊娠成立後のトキソプラズマ初感染が疑われる場合、速やかに投与を開始し、胎児感染が確認されない場合には、分娩まで投与を継続する。
2.本剤投与中に、胎児へのトキソプラズマ感染が疑われる場合には、本剤の投与継続の適否について検討する等、適切に対応する。
慎重投与
QT延長を起こす恐れのある患者(電解質異常のある患者、先天性QT延長症候群の患者、心疾患のある患者、QT延長を起こすことが知られている薬剤投与中の患者)[QT延長を起こす恐れがある]。
相互作用
併用注意:1.QT延長を起こすことが知られている薬剤(クラス1A抗不整脈薬及びクラス3抗不整脈薬(キニジン、ジソピラミド、アミオダロン、ソタロール等)、スルトプリド等)[QT延長を起こす恐れがある(併用によりQT延長作用が増強する)]。
2.レボドパ/カルビドパ配合剤[レボドパの血中濃度を低下させ作用を減弱させるので、本剤と併用する場合には、患者の状態を十分観察し、必要に応じてレボドパの投与量を調整する(本剤はカルビドパの吸収を阻害し、その結果、レボドパの血中濃度が低下する)]。
副作用
国内において副作用発現頻度が明確となる臨床試験は実施していない。
重大な副作用
1.重大な副作用
1).ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、血管浮腫、血圧低下、呼吸困難等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2).偽膜性大腸炎(頻度不明):偽膜性大腸炎が現れることがあるので、腹痛、頻回の下痢等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
3).中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、急性汎発性発疹性膿疱症(いずれも頻度不明):中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
4).QT延長、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、心室細動(いずれも頻度不明):QT延長、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、心室細動が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
5).肝機能障害:胆汁うっ滞性肝炎、混合型肝炎(いずれも頻度不明)等の肝機能障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
2.その他の副作用(頻度不明)1).過敏症:IgA血管炎。
2).血液:急性溶血、白血球減少症、好中球減少症。
3).皮膚:発疹、蕁麻疹、皮膚そう痒症。
4).精神神経系:錯感覚、味覚異常。
5).消化器:腹痛、悪心、嘔吐、下痢。
6).肝臓:肝機能検査異常。
妊婦・産婦・授乳婦等への投与
授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には、授乳を中止させる[ヒト母乳中に移行することが報告されている]。
適用上の注意
薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。

1.血中濃度
(1)単回投与
日本人健康成人女性被験者10名を対象にスピラマイシン300万国際単位を単回経口投与したときのスピラマイシンI及びネオスピラマイシンIの血漿中薬物動態パラメータ及び平均血漿中濃度プロファイルを次に示す。
単回投与時の血漿中スピラマイシンI及びネオスピラマイシンIの薬物動態パラメータ
→図表を見る(PDF)

単回投与時の血漿中スピラマイシンI濃度推移

(2)反復投与(外国人データ)
外国人健康若年男性被験者10名を対象に、スピラマイシン150万国際単位を8時間ごとに、1時間かけて6日間静脈内投与(初日及び6日目は1日1回、2~5日目は1日3回投与)注1)したとき、血清中スピラマイシン濃度は反復投与開始約2日目に定常状態に達し、投与初日及び6日目のCmaxは、それぞれ2.14±0.32及び3.10±0.70μg/mLであり、投与初日のAUCinf及び投与6日目のAUC0-8は、それぞれ6.19±1.19及び7.33±1.51μg・h/mLであった。
2.吸収(外国人データ)
外国人健康男性被験者にスピラマイシン300万国際単位を経口投与したとき、絶対バイオアベイラビリティは33%であった。
食事と同時に摂取しても、スピラマイシンの吸収には有意な影響はなかった。
3.分布
スピラマイシンの血漿タンパク結合率は約30%であった。全身に広く分布し、組織や細胞、特に食細胞に良好に移行する。妊娠中の外国人女性被験者にスピラマイシンを経口投与したとき、スピラマイシンとその代謝物であるネオスピラマイシンは、胎盤に移行することが確認されている。また、スピラマイシンは胎児に移行することが確認されている。
4.代謝
スピラマイシンを経口投与したとき、一部は胃内で加水分解を受けてネオスピラマイシンに変換されると考えられる。
5.排泄
スピラマイシンは主として胆汁を介して排泄される。健康男性被験者3名にスピラマイシン500mg注2)を単回経口投与注1)したとき、投与後7時間までに投与量の約4%が尿中に排泄された。
6.薬物相互作用(外国人データ)
外国人健康男性被験者8名を対象に、レボドパ及びカルビドパの配合剤とスピラマイシン1g注2)1日2回3日間を経口投与注1)したとき、カルビドパの吸収阻害とレボドパ血漿中薬物濃度の低下が認められている。
注1)本剤の承認された用法及び用量は「通常、妊婦には1回2錠(スピラマイシンとして300万国際単位)を1日3回経口投与する。」である。
注2)スピラマイシンの1gは約300万国際単位に相当する(参考値)。

-

1.トキソプラズマに対する抗原虫作用
トキソプラズマ感染妊娠マウスにスピラマイシンを投与することにより、出生児の感染を阻害した。
2.抗原虫作用の機序
作用機序については十分な解明がなされていないが、スピラマイシンがトキソプラズマの細胞小器官であるアピコプラストでのタンパク合成を阻害すること等が報告されている。

一包可:不可
分割:不可
粉砕:不明
製造販売会社
サノフィ
販売会社
 

おくすりのQ&A

解決済回答1

エスポー皮下用24000シリンジの算定について質問させて下さい

手術前に自己血貯血をする患者さんがいます。 2回に分けてする予定で、1回目400cc、2回目400cc、トータル800ccする予定となっています。...

薬価・添付文書  その他

解決済回答2

ジャヌビアについて

気管支喘息発作で入院し、ステロイド(ソル・メドロール)を投与中、血糖が高いとステロイド性の耐糖能異常にてジャヌビア錠を処方されています。...

薬価・添付文書  製品

解決済回答2

チャンピックスについて

投与期間は12週間となっていますが、入院中に投与された場合には、ニコチン依存症管理料の算定期間には含まれないため薬剤料の算定のみできるのでしょうか...

薬価・添付文書  製品

解決済回答2

アセチルシステイン内用液の残薬の請求について

例えば蒸留水20mL1Aの添付文書には「残薬は決して使用しないこと」とされており、仮に0.5A使用したとしても1A分として請求し、レセプトには(使用量...

薬価・添付文書  その他

解決済回答1

ネキシウムの適応について

ネキシウムの適応症に質問します。
胃食道逆流症は適応でしょうか?

薬価・添付文書  その他

10分調べても分からないことは、
しろぼんねっとで質問!

質問する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。