診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

塩化ナトリウム「東海」

販売名
塩化ナトリウム「東海」
薬価
10g 5.90円
製造メーカー
東海製薬

添付文書情報2012年07月改定(第3版)

商品情報

薬効分類名
その他の調剤用薬
一般名
塩化ナトリウム

-

効能・効果
1.経口:食塩喪失時の補給。
2.注射:
[0.4%注射液]注射剤の溶解希釈剤。
[生理食塩液]細胞外液欠乏時、ナトリウム欠乏時、クロル欠乏時、注射剤の溶解希釈剤。
[10%注射液]ナトリウム欠乏時の電解質補給。
[1mol/L、2.5mol/L注射液]電解質補液の電解質補正。
3.外用:皮膚・創傷面・粘膜の洗浄・湿布、含嗽・噴霧吸入剤として気管支粘膜洗浄・喀痰排出促進。
4.その他:医療用器具の洗浄。
用法・用量
1.経口:塩化ナトリウムとして、1回1~2gをそのまま、又は水に溶かして経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
2.注射:
[0.4%注射液]適量をとり注射用医薬品の希釈、溶解に用いる。
[生理食塩液]
1).20~1000mLを皮下、静脈内注射又は点滴静注する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
2).適量をとり注射用医薬品の希釈、溶解に用いる。
[10%注射液]電解質補給の目的で、輸液剤などに添加して必要量を静脈内注射又は点滴静注する。
[1mol/L、2.5mol/L注射液]電解質補液の電解質の補正として体内の水分、電解質の不足に応じて電解質補液に添加して用いる。
3.外用:
1).等張液として皮膚・創傷面・粘膜の洗浄・湿布に用いる。
2).等張液として含嗽・噴霧吸入に用いる。
4.その他:生理食塩液として医療用器具の洗浄に用いる。
慎重投与
1.(経口・注射<10%、1mol/L、2.5mol/L注射液>)心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[塩化ナトリウムを負荷することから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
2.(経口・注射<10%、1mol/L、2.5mol/L注射液>)腎障害のある患者[塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
3.(注射<生理食塩液>)心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。
4.(注射<生理食塩液>)腎障害のある患者[水分、塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。
副作用
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
その他の副作用:副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
1.(経口)大量投与:悪心・嘔吐等の消化器症状、高ナトリウム血症、うっ血性心不全、浮腫が現れることがある。
2.(注射):1).(注射<生理食塩液>)大量・急速投与:大量を急速投与すると、血清電解質異常、うっ血性心不全、浮腫、アシドーシスを起こすことがある。
2).(注射<10%、1mol/L、2.5mol/L注射液>)大量投与:高ナトリウム血症、うっ血性心不全、浮腫が現れることがある。
高齢者への投与
(経口):一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。
(注射):一般に高齢者では生理機能が低下しているので、投与速度を緩徐にし、減量するなど注意する。
適用上の注意
(注射):1.投与前:1).注射<生理食塩液、10%、1mol/L、2.5mol/L注射液>:投与に際しては、感染に対する配慮をする(患者の皮膚や器具消毒)。
2).注射<生理食塩液、10%、1mol/L、2.5mol/L注射液>:寒冷期には体温程度に温めて使用する。
3).注射<生理食塩液、10%、1mol/L、2.5mol/L注射液>:開封後直ちに使用し、残液は決して使用しない。
2.投与時:注射<生理食塩液>:ゆっくり静脈内に投与する。
3.調製方法:10%、1mol/L、2.5mol/L注射液は希釈して使用する。
-
-

生体内に最も普遍的に存在する無機物質で、血清の無機成分の90%以上を占め、主として細胞外液にあって体液浸透圧維持の主体をなすと共に生体水分分布の重要因子となっている。本薬の0.9%水溶液は温血動物体液と等張で生理食塩液といい、注射しても溶血を起こさず、また局所組織の脱水、刺激などを招かない。ナトリウムイオンには特有のイオン作用はほとんどないが、ナトリウムイオンはカリウムイオンと共に神経の興奮の維持と伝達に必要である。塩化ナトリウムの欠乏はアルカローシス、けいれん、ときに筋肉の興奮を伴う嘔吐、異常発汗に基づく熱けいれんなどの原因となり、またアジソン病に似た脱力症状を示すことがある。

製造販売会社
東海製薬
販売会社
 

おくすりのQ&A

受付中回答2

入院起算日につい

右変形性膝関節症に対して人工関節手術をして退院後、同月中に左変形性膝関節症の人工関節手術目的で入院した場合、入院起算日は引き継がれますか?

薬価・添付文書 

解決済回答1

エスポー皮下用24000シリンジの算定について質問させて下さい

手術前に自己血貯血をする患者さんがいます。 2回に分けてする予定で、1回目400cc、2回目400cc、トータル800ccする予定となっています。...

薬価・添付文書  その他

解決済回答2

ジャヌビアについて

気管支喘息発作で入院し、ステロイド(ソル・メドロール)を投与中、血糖が高いとステロイド性の耐糖能異常にてジャヌビア錠を処方されています。...

薬価・添付文書  製品

解決済回答2

チャンピックスについて

投与期間は12週間となっていますが、入院中に投与された場合には、ニコチン依存症管理料の算定期間には含まれないため薬剤料の算定のみできるのでしょうか...

薬価・添付文書  製品

解決済回答2

アセチルシステイン内用液の残薬の請求について

例えば蒸留水20mL1Aの添付文書には「残薬は決して使用しないこと」とされており、仮に0.5A使用したとしても1A分として請求し、レセプトには(使用量...

薬価・添付文書  その他

10分調べても分からないことは、
しろぼんねっとで質問!

質問する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。