診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

バリエース発泡顆粒

後発医薬品
販売名
バリエース発泡顆粒
薬価
1g 13.80円
製造メーカー
伏見製薬所

添付文書情報2019年04月改定(第4版)

商品情報

薬効分類名
造影補助剤
一般名
炭酸水素ナトリウム・酒石酸顆粒
禁忌
1.消化管穿孔又はその疑いのある患者[本剤投与により消化管が膨らみ、穿孔部位を伸展させ腹痛等の症状を悪化させる恐れがある]。
2.消化管に急性出血のある患者[本剤投与により消化管が膨らみ、出血部位を伸展させる]。
効能・効果
胃及び十二指腸の透視・撮影の造影補助。
用法・用量
透視開始に際して、造影剤投与開始直前あるいは投与開始後、年齢、胃内容積の個人差、造影の体位に応じて、約100~400mLの炭酸ガスの発生量に相当する量を、少量の水又は、造影剤と共に経口投与する。
慎重投与
1.消化管瘻孔又はその疑いのある患者[本剤投与により消化管が膨らみ、瘻孔部位を伸展させる]。
2.消化管狭窄又は消化管閉塞、あるいはそれらが疑われる患者[本剤投与により消化管が膨らみ、狭窄又は閉塞部位の口側を伸展させる恐れがある]。
3.穿孔を生ずる恐れのある患者(胃潰瘍・十二指腸潰瘍、腫瘍、憩室炎、寄生虫感染、生体組織検査後間もない患者等)。
4.全身衰弱の強い患者。
重要な基本的注意
1.消化管内で発生する炭酸ガスにより短時間に消化管内圧が上昇するので、消化管炎症や消化管出血の疑われる患者への投与は、その症状を増悪させることがあるため、投与に際しては十分に注意する。
2.消化管内圧の上昇により、一過性血圧低下が発症することが報告されているので投与に際しては十分に注意する。
その他の副作用(頻度不明)消化器:腹部膨満感、おくび。
高齢者への投与
高齢者では消化管運動機能等が低下していることが多いので、減量するなど注意する。
妊婦・産婦・授乳婦等への投与
妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、本剤投与の際にはX線照射を伴うので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、診断上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与する。
小児等への投与
小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)、また、本剤投与の際にはX線照射を伴うので、小児には、診断上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与する。
取扱い上の注意
1.安定性試験:最終包装製品を用いた安定性試験の結果、バリエース発泡顆粒は通常の市場流通下において、使用期限までの間安定であることが確認された。
2.本剤は吸湿しやすく、吸湿すると発泡量が漸減して期待される効果が得られないことがあるので、厳重に湿気を避けて室温で保存する。

胃内で発生した炭酸ガスはそのままおくびとして口腔より排泄されるか、又は消化管より吸収されて肺胞内におけるガス交換により体外に排泄される。

-

本剤は胃内で炭酸ガスを発生させることにより、胃及び十二指腸内壁を十分に伸展させ、硫酸バリウム造影剤を胃及び十二指腸粘膜の微細部分に均一に付着させると共に、X線透過率の差を大きくしてコントラストを上昇させる。

一包可:不可
分割:不可
粉砕:不明
製造販売会社
伏見製薬所
販売会社
 

おくすりのQ&A

解決済回答1

エスポー皮下用24000シリンジの算定について質問させて下さい

手術前に自己血貯血をする患者さんがいます。 2回に分けてする予定で、1回目400cc、2回目400cc、トータル800ccする予定となっています。...

薬価・添付文書  その他

解決済回答2

ジャヌビアについて

気管支喘息発作で入院し、ステロイド(ソル・メドロール)を投与中、血糖が高いとステロイド性の耐糖能異常にてジャヌビア錠を処方されています。...

薬価・添付文書  製品

解決済回答2

チャンピックスについて

投与期間は12週間となっていますが、入院中に投与された場合には、ニコチン依存症管理料の算定期間には含まれないため薬剤料の算定のみできるのでしょうか...

薬価・添付文書  製品

解決済回答2

アセチルシステイン内用液の残薬の請求について

例えば蒸留水20mL1Aの添付文書には「残薬は決して使用しないこと」とされており、仮に0.5A使用したとしても1A分として請求し、レセプトには(使用量...

薬価・添付文書  その他

解決済回答1

ネキシウムの適応について

ネキシウムの適応症に質問します。
胃食道逆流症は適応でしょうか?

薬価・添付文書  その他

10分調べても分からないことは、
しろぼんねっとで質問!

質問する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。