診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

テリパラチド酢酸塩静注用100「旭化成」

販売名
テリパラチド酢酸塩静注用100「旭化成」
薬価
100酢酸テリパラチド単位1瓶 19087.00円
製造メーカー
旭化成ファーマ

添付文書情報2021年01月改定(第1版)

商品情報

薬効分類名
内分泌機能検査用試薬
一般名
テリパラチド酢酸塩注射用
禁忌
2.1. 高カルシウム血症の患者[高カルシウム血症を悪化させるおそれがある]。
2.2. 本剤に対して過敏症の既往歴のある患者。
2.3. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9.5妊婦の項参照〕。
効能・効果
Ellsworth-Howard試験。
用法・用量
1回100テリパラチド酢酸塩単位を用時、日局生理食塩液3mLに溶解し、静脈内に注射する。
なお、体表面積が1㎡未満の小児の場合には、100テリパラチド酢酸塩単位/㎡投与する(Ellsworth-Howard試験実施方法及び判定基準は添付文書参照)。
腎機能障害患者
本剤はポリペプチド製剤でありショック症状を起こす可能性があるので、アレルギー既往歴、薬物過敏症等について十分な問診を行い、投与後は患者の状態を十分観察すること〔11.1.1参照〕。
9.1.1. 心疾患のある患者:心疾患を悪化させるおそれがある。
9.1.2. 気管支喘息、発疹(紅斑、膨疹等)等の過敏症状を起こしやすい体質の患者。
9.2.1. 腎疾患のある患者:腎疾患を悪化させるおそれがある。
副作用
次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
重大な副作用
11.1. 重大な副作用
11.1.1. ショック(頻度不明)〔8.重要な基本的注意の項参照〕。
11.2. その他の副作用
1). 過敏症:(0.1~5%未満)発疹、(0.1%未満)蕁麻疹。
2). 循環器:(0.1~5%未満)顔面潮紅、熱感、動悸、頻脈、不整脈、胸痛、血圧降下、血圧上昇、(0.1%未満)顔色不良。
3). 消化器:(0.1~5%未満)悪心、嘔吐、下痢、(0.1%未満)口渇。
4). 神経系:(0.1~5%未満)しびれ感、腰痛、頭痛、めまい、(0.1%未満)筋痙攣、意識喪失、(頻度不明)テタニー、硬直。
5). 肝臓:(頻度不明)AST上昇・ALT上昇。
6). その他:(0.1~5%未満)脱力感、不快感、(0.1%未満)そう痒、全身倦怠感、あくび、(頻度不明)悪寒、咽頭痛。
発現頻度は使用成績調査を含む。
高齢者
患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下している)。
授乳婦
妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと。ウサギを用いた静脈内投与による器官形成期投与試験において、胎仔毒性(胎仔死亡)が認められている〔2.3参照〕。
治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。
取扱い上の注意
14.1. 薬剤調製時の注意溶解後は速やかに使用すること。
14.2. 薬剤投与時の注意3分以上かけてゆっくり注射すること。
外箱開封後は遮光して保存すること。
その他の注意
15.2. 非臨床試験に基づく情報ラットに2年間皮下投与したがん原性試験において、骨肉腫がみられたとの報告がある。

16.1 血中濃度
本剤20μg(67単位)を特発性及び術後性副甲状腺機能低下症の患者17例に静脈内投与した場合、投与後5分で2.63ng/mLの平均血中濃度を示し、血中半減期は3分と28分の二相性を示した。

16.3 分布
16.3.1 組織内分布
125I‐テリパラチド酢酸塩をラットに静脈内投与した直後の放射能は、腎臓、肺、肝臓の順に高濃度に分布した。
16.4 代謝
ヒト血清、ラット腎臓及びラット肝臓抽出液中で経時的に生物活性を失い、ヒト血清中で、37℃、9時間反応させた際には80%の活性を消失した。また、ラット腎臓抽出液中では主にカルボキシペプチダーゼA、トリプシン及びアミノペプチダーゼで加水分解された(in vitro)。
16.5 排泄
125I‐テリパラチド酢酸塩をラットに静脈内投与した場合、投与後48時間までに尿中に81%、糞中に4.5%の放射能が排泄された。

17.1 有効性及び安全性に関する試験
17.1.1 国内臨床試験
厚生省特定疾患ホルモン受容機構異常調査研究班及び日本内分泌学会診断用ヒトPTH(1‐34)検討委員会で実施されたEllsworth‐Howard試験のうち副甲状腺機能低下症178例(成人131例、13才未満の小児47例)の試験成績をもとに判定基準が設定された。その結果、特発性副甲状腺機能低下症と偽性副甲状腺機能低下症の鑑別診断に有用であることが認められた。

18.1 測定法
腎細胞膜レセプターと結合して、アデニルサイクラーゼを活性化することにより、cyclic AMPの産生を介し、ホルモン作用を発現すると考えられている。
18.2 血清カルシウム及び血清リンに対する作用
テリパラチド酢酸塩は甲状腺・副甲状腺摘除ラットの血清カルシウム値を上昇させ、血清リン値を低下させた。
18.3 腎に対する作用
術後性副甲状腺機能低下症病態モデルラットに、テリパラチド酢酸塩を投与すると尿中リン酸及び尿中cyclic AMP排泄量は著しく増加した。

製造販売会社
旭化成ファーマ
販売会社
 

おくすりのQ&A

解決済回答1

非がん患者へのモルヒネ注の使用と算定について

非がん患者さんへのモルヒネ注の算定は可能でしょうか?...

薬価・添付文書 その他

受付中回答6

インスリン注射

インスリン注射を31 皮内、皮下及び筋肉内注射欄で1キット300単位✕1回 で請求できるのでしょうか?請求方法をご教示ください。

薬価・添付文書 その他

解決済回答2

外用剤の処方に関して2点質問です

無床クリニックの医師です。
2点教えて下さい。

1点目は外用剤の多種類処方に関してです。...

薬価・添付文書 その他

解決済回答2

入院起算日につい

右変形性膝関節症に対して人工関節手術をして退院後、同月中に左変形性膝関節症の人工関節手術目的で入院した場合、入院起算日は引き継がれますか?

薬価・添付文書 

解決済回答1

エスポー皮下用24000シリンジの算定について質問させて下さい

手術前に自己血貯血をする患者さんがいます。 2回に分けてする予定で、1回目400cc、2回目400cc、トータル800ccする予定となっています。...

薬価・添付文書 その他

10分調べても分からないことは、
しろぼんねっとで質問!

質問する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。