診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

液体窒素(液化窒素)

販売名
液体窒素(液化窒素)
薬価
1L 0.00円
製造メーカー
日本産業・医療ガス協会

添付文書情報2012年12月改定(第3版)

商品情報

薬効分類名
他に分類されない治療を主目的としない医薬品
一般名
液体窒素

-

効能・効果
気化設備を用いて気化し、日本薬局方窒素として使用する。注射剤の製造に際し、酸化防止のための不活性ガスとして使用する。
用法・用量
気化設備を用いて気化し、日本薬局方窒素として使用する。
重要な基本的注意
1.使用に当たっては、必ずガス名を「医薬品ラベル等」で確認する。
2.窒素過多の空気を吸入した場合、軽い眩暈・頭痛・手足のしびれ等の酸欠に伴う症状を呈することがあるので、このような場合は、清浄な空気の場所に移し、しばらく安静にさせる。
3.高濃度の窒素を吸入すると意識を失うことがあり、このような場合は、清浄な空気の場所に移し直ちに酸素吸入又は直ちに人工呼吸を行い医師の手当を受ける。
4.合成空気を使用して高気圧療法をする際には、窒素分圧上昇による窒素酔いに留意するとともに、長時間の高気圧曝露では減圧症の危険があるので注意する。
取扱い上の注意
1.貯蔵上の注意:1).定置式超低温液化ガス貯槽の場合(1).標識類は常にきれいな状態にしておく。
(2).貯槽の周辺の整理整頓を心掛ける。
(3).バルブの開閉状態は、常に「開」、「閉」を表示板で表示する。
(4).安全弁の元弁は常に全開の状態を維持し、ハンドルは回り止めを施し、封印する。
(5).超低温液化ガスを取り扱う時は、常に凍害防止のため、革手袋を着用する。
2).可搬式超低温液化ガス容器の場合(1).通風良好な状態を保つ。
(2).超低温容器は転倒防止の措置をし、立てて置く(チェーン、ロープ等による緊縛あるいは容器立てに収納)。
(3).容器は、湿気水滴等による腐食を防止する措置を講じる。
①.容器置場は、錆・腐食を防止するため、水分を浸入させないようにして、腐食性物質を近くに置かない。
②.水分、異物等の混入による腐食等を防止するため、使用済みの容器でも、容器のバルブは必ず閉めておく。
(4).容器は「高圧ガス容器置場」であることを明示した所定の場所に、保管する。
①.容器は、充填容器と使用済み容器を区分して置く。
②.容器置場には作業に必要な用具以外の物は置かない。
③.容器置場には関係者以外の立ち入りを禁止する。
2.消費上の注意:1).液化窒素の温度は、-196℃と極めて低温であるため、凍傷等起こさぬように特に注意する。
2).液化窒素は、気化すると約700倍の体積になるため、液を密閉状態にしないよう特に注意する。
3).液化窒素を建物内で放出してはならない。酸欠の危険性があるので、換気に十分注意する。
4).容器は転倒や転がり防止の措置を講じる。
5).液化窒素を取扱うときは凍害防止のため革手袋を着用する。
6).液化窒素の容器のバルブ及び凍結部に熱ショックを与えない。
7).ガスの使用は容器から直接使用しないで、気化設備をへて使用する。
8).使用後は直ちにバルブを閉じる。
3.ガス漏洩時の注意:1).容器からガス漏れのある場合は、直ちにバルブを閉じてガスの使用を中止する。
2).容器安全弁(破裂板)からガスが多量に噴出する場合は、容器から離れ換気を良くし、販売店に連絡する。
-
-
-
製造販売会社
日本産業・医療ガス協会
販売会社
 

おくすりのQ&A

解決済回答1

モーラステープについて

いつもお世話になっております。...

薬価・添付文書 

受付中回答1

変更調剤について

初歩的な内容となり申し訳ごさいません。
外用薬での変更調剤について教えていただきたいです。
外用薬でも
後発→後発別メーカー
へ変更可能でしたか?...

薬価・添付文書 

受付中回答4

ヒルドイドソフト軟膏について

「手術創部ケロイド予防のため使用」とコメントで査定されると思いますか?
意見をいただきたいです。おねがいします

薬価・添付文書 製品

受付中回答1

サルプレップ

サルプレップの適応が「大腸内視鏡検査時の前処置における腸管内容物の排除」なっておりますが、本剤使用しての検査中に偶発的にポリープ等発見し、その切除等の手術...

薬価・添付文書 製品

受付中回答0

サルプレップ

サルプレップの適応が「大腸内視鏡検査時の前処置における腸管内容物の排除」なっておりますが、本剤使用しての検査中に偶発的にポリープ等発見し、その切除等の手術...

薬価・添付文書 製品

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。