診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

創傷処置

診療報酬・施設基準関連の質問と回答
薬価関連の質問と回答
その他の質問と回答

創傷処置

  • 解決済
回答2
ゆんさん ゆん さん 医療事務(医事) 投稿日:2021/09/17

創傷処置で複数部位の場合、面積合算で算定すると思いますが、部位コメントがあれば創傷処置の2回算定可能と勤務先で指導されましたが可能でしょうか?
また、複数部位で1ヶ所にはソフラチュールを使っていたら創傷処置の2回算定可能でしょうか?
初歩的な質問ですみません

回答

ベストアンサー
事務員さん 事務員 さん 医療事務(医事) 回答日:2021/09/18

同一疾病又はこれに起因する病変に対して創傷処置、皮膚科軟膏処置又は湿布処置が行わ れた場合は、それぞれの部位の処置面積を合算し、その合算した広さを、いずれかの処置に係る区分に照らして算定するものとし、併せて算定できない。

 上記通知あります。ですので、同一疾病、起因する病変でなければ、2回算定可能と考えます(ご質問文にあります部位コメントと言うのは同一疾病ではないと言う意味かと思います。またその場合部位ごとの傷病名が記載されるかと思われます)。ソフラチュールの使用有無で算定できるかどうかが判断されるものではないと考えます。ただし、

複数の部位の手術後の創傷処置については、それぞれの部位の処置面積を合算し、その 合算した広さに該当する点数により算定する。

上記通知ありますので、術後の場合は合算して算定をすると考えます。

事務員さん ゆん さんからのコメント

分かりやすい説明ありがとうございます
助かりました。

かっちゃんさん かっちゃん さん 医療事務(医事) 回答日:2021/09/18

 「同一疾病又はこれに起因する病変」の解釈ですが、「複数の創傷が出来た原因が同一の場合」は「同一疾病又はこれに起因する病変」と解釈して処置面積を合算するのが妥当と思われます。
 例えば、「転倒してケガをした部位が左膝と顔面の場合」は傷病名は左膝、顔面のそれぞれに付きますが、創傷処置の算定は左膝、顔面の処置面積を合算します。

 しかし、左膝との創傷の治療中に新たに顔面の創傷が出来た場合は、「同一疾病又はこれに起因する病変」には当たらないと解されますので、処置面積を合算せずにそれぞれ算定します。傷病名の開始日付で「同一疾病又はこれに起因する病変」ではないことが分かりますが、念のためコメントを付けたほうが良いと思います。

 なお、ご質問にある「複数部位で1ヶ所にはソフラチュールを使用した」場合ですが、合算した処置面積がソフラチュールの面積よりも大きくなるため、ソフラチュールを使用した部がどこかをコメントしないと、創傷処置の面積がソフラチュールの面積分に査定されるケースがあります。

かっちゃんさん ゆん さんからのコメント

ありがとうございます

関連する質問

10分調べても分からないことは、しろぼんねっとで質問!

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。