診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

診療録管理体制加算 診療記録管理者業務について

診療録管理体制加算 診療記録管理者業務について

  • 解決済
  • 回答2
りゅうさん りゅう さん 医療事務(医事) 投稿日:2021/10/13

診療記録管理者の業務内容について、確認させて下さい。
診療報酬の請求事務、窓口受付業務、看護業務の補助等は診療記録管理者の業務としない。とありますが、これはこのような業務はやってはいけないという意味でよいでしょうか。
時間外、休日は関係ありますか。

回答

ベストアンサー
かっちゃんさん かっちゃん さん 医療事務(医事) 回答日:2021/10/13

>このような業務はやってはいけないという意味でよいでしょうか。
その通りです。

>時間外、休日は関係ありますか。
施設基準でよく話題にあがる「専任」「専従」「専ら」といった規定がないため、時間帯に関係なく行ってはならないと解されます。


【参考】
 「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて 保医発0305第2号 令和2年3月5日」(https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000666310.pdf)の「第4 診療録管理体制加算1 診療録管理体制加算1に関する施設基準」の(5)

(5) (前略)なお、診療記録管理者は、診療情報の管理、入院患者についての疾病統計(ICD10 による疾病分類等)を行うものであり、診療報酬の請求事務(DPCのコーディングに係る業務を除く。)、窓口の受付業務、医療機関の経営・運営のためのデータ収集業務、看護業務の補助及び物品運搬業務等については診療記録管理者の業務としない。(後略)

かっちゃんさん りゅう さんからのコメント

回答ありがとうございました。

事務員さん 事務員 さん 医療事務(医事) 回答日:2021/10/14

 施設基準通知に、年間の退院患者数2000名ごとに1名以上の専任の常勤診療記録管理者が配置されており、うち1名以上が専従であること。
 なお、診療記録管理者は、(中略)診療記録管理者の業務としない。なお、当該専従の診療記録管理者は医師事務作業補助体制加算に係る医師事務作業補助者を兼ねることはできない。

 上記ありますので、やってはならないと考えます。
 時間外、休日に関しては、上記施設基準通知より、常勤診療記録管理者と謳われておらず、なお診療記録管理者は〜となっており申請で登録しているのであれば、やってはならないと考えます。

事務員さん りゅう さんからのコメント

回答ありがとうございました。

関連する質問

受付中回答2

DPC病名について

他院で10月中旬に人工関節再置換術手術をして、当院に11月初旬に転院、当院にて運動リハと早期リハ加算を算定してる患者さんについて質問です。...

医科診療報酬  入院料等

解決済回答2

緩和ケア病棟入院料における7日以内の再入院について

緩和ケア病棟入院料の事務連絡では、「緩和ケア病棟から在宅へ退院した後、当該病棟に再入院した場合には、退院から再入院までの期間が7日以上の場合に限り、再入院...

医科診療報酬  入院料等

解決済回答1

介護医療院

医療療養病棟から介護医療院へ転棟した場合は、(同傷病名での転棟です。)カルテはわけなければならないでしょうか?

ご回答いただければ幸いです。...

医科診療報酬  入院料等

受付中回答0

小児入院医療管理料

①小児入院医療管理料の加算対象は小児科入院の小児だけですか?
整形外科、外科、泌尿器科等の他の科の15歳以下への適応はありますか?...

医科診療報酬  入院料等

解決済回答1

短期滞在手術等基本料1

短期滞在手術等基本料1を算定する場合、
再診料を算定できますか。
また、請求は「外来レセプト」でよいでしょうか。 

 

医科診療報酬  入院料等

10分調べても分からないことは、
しろぼんねっとで質問!

質問する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。