診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

外用剤の処方に関して2点質問です

外用剤の処方に関して2点質問です

  • 解決済回答2
無床クリニックの医師です。
2点教えて下さい。

1点目は外用剤の多種類処方に関してです。
湿布、テープ剤の多種類処方(例えが、モーラステープLを14枚、MS温湿布を20枚等)はいけませんという指導がありました。双方とも効能が同じで多種を処方する根拠がないとのことでした。
また、湿布剤・テープ剤と塗り薬との併用もいけませんと指導がありました。
これも、塗り薬も貼薬も同じ効果であるためと指導されました。
お聞きしたいのは、処方を混在処方し、指導や返戻を受けたことがありますでしょうか。

2点目は塗り薬の処方制限の有無についてです。
湿布剤、テープ剤は70枚制限がありますが、鎮痛剤の塗り薬(例えば、ボルタレンゲルやフェルビナクスチック)での制限はあるのでしょうか。皮膚科領域では塗布エリアによって目安のグラム数の図解があるのを見かけました。鎮痛剤の塗り薬の1回処方量についてお聞きしたいです。

外用剤の制限が厳しく患者さんとの行き違いも多くなり困る場面があります。
皆さんのご意見をくださると幸甚です。

回答

ベストアンサー

1点目のご質問ですが、同一部位に同一薬効のものを処方すると過剰で指導を受けます。
別部位であれば、部位名を付して請求しましょう。
2点目のご質問ですが、「1FTU:フィンガー・チップ・ユニット」の考え方があります。
軟膏は、成人の人差し指第一関節の長さに絞り出したものが0.5gで、成人の手掌2枚分に相当します。
Dr.や薬剤師、Nsがご存知のはずなので、確認してみてください。
院外処方なら、薬剤師が説明していると思います。
ネットで「1FTU」で検索してみてください。いろいろ出てきますよ。

ひできさん、
ご返信くださり誠に有難うございました!
部位が変わればよいのですね。例えば、湿布を貼らない時間に同一部位に塗り薬を使用したいという患者さんがおられるのですが、それは基本的にはダメということなんですね。
有難うございます。
2点目はステロイド等の皮膚科領域の塗り薬では聞いたことがありますが、同じ投与量が鎮痛剤の塗り薬でも適応されるという理解で良いでしょうか。
すこし、鎮痛剤と皮膚科の治療との適応が違いがあるのかなと思っていました。
わかりやすくご解説いただき感謝申し上げます!

だいたいの薬剤が「適量」とありますので、べとつかない程度で1FTUを基本とすればよろしいかと存じます。

ひできさん、
再度のご回答、誠に有難うございます。
この1FTUというコンセプトで計算するのは、非効率的ですね。
皮膚科領域の塗り薬の量を参考にして処方すればよいということで理解いたしました。
この度は誠に有難うございました!

関連する質問

受付中回答1

ケタラール筋注用を静注で

以前、某大学麻酔科から指南され「ケタ・ドル」と称して、鎮痛・鎮静の微量持続静注の薬剤を投与していたことがあります。ドルミカムにケタラールは筋注用のものを加...

薬価・添付文書 その他

受付中回答1

ベルソムラという睡眠薬について

ベルソムラ錠 「つらいときに服用する1錠」のみ を処方されているメンタル不調の方の
状態は、どのような状態のときに処方されるのでしょうか。

薬価・添付文書 その他

解決済回答3

自己注射について

空うちについて、教えていただきたいです。...

薬価・添付文書 その他

解決済回答1

非がん患者へのモルヒネ注の使用と算定について

非がん患者さんへのモルヒネ注の算定は可能でしょうか?...

薬価・添付文書 その他

受付中回答6

インスリン注射

インスリン注射を31 皮内、皮下及び筋肉内注射欄で1キット300単位✕1回 で請求できるのでしょうか?請求方法をご教示ください。

薬価・添付文書 その他

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。