診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

周術期の算定について

周術期の算定について

  • 解決済回答1
周術期の算定ですが、歯科での化学療法をするとき、管理料で周術期Ⅲ算定できるものでしょうか。
教えていただきたいです 

回答

ベストアンサー

歯科領域における抗がん剤などの化学療法を行う場合であっても、主治医が歯科医学的に必要と判断すれば周術期等口腔機能管理料IIIの算定は可能です。
ただし、個別指導等においては疑義が出やすいですので、歯科での必要性や根拠を明確にした上でカルテ記載を十分に行っておいてください。必要性が乏しいと判断され自主返還となった指導に立ち会ったことがあります。

丁寧な回答ありがとうございました。

関連する質問

解決済回答1

長期管理加算について

令和3年5月に初診料算定してます。 次回診療は令和3年11月で健診からの移行で初診料は算定してません。次月の12月には長期管理加算は算定可でしょうか?

歯科診療報酬 医学管理等

解決済回答1

診療情報連携共有料について

同日に二つの保険医療機関に情報共有を求めた場合、それぞれ情報連携共有料は算定可能なのでしょうか。

歯科診療報酬 医学管理等

解決済回答1

在歯管

在歯管の施設基準にある酸素供給装置は、院内にあれば良いのか、訪問に持って行かないとダメなのか教えて下さい。

歯科診療報酬 医学管理等

解決済回答1

歯科疾患管理料について

愛知県保険医協会の歯科疾患管理料の留意点として、...

歯科診療報酬 医学管理等

受付中回答1

医管算定可能処置について

根管貼薬処置での医管は算定可能でしょうか?

歯科診療報酬 医学管理等

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。