診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

足根管症候群に対して後脛骨神経にステロイド剤注射をした場合の手技料について

足根管症候群に対して後脛骨神経にステロイド剤注射をした場合の手技料について

  • 解決済回答2
手根管症候群ですと正中神経ブロックだと思うのですが、足根管症候群に対して後脛骨神経にステロイド剤注射をした場合の手技料を教えて頂けますでしょうか。

回答

ベストアンサー

どこの神経かは、診療録を確認してください。
該当する神経がない場合は、神経幹内注射で算定することになっています。

回答ありがとうございます。最初の質問にあげていた後脛骨神経です。
手だと90点算定できるので、足も同様の点数算定できるかと思ったのですが・・・。

神経ブロック料の通知(2)のただし書き以下に該当しませんか。(以下、通知文まま)

(前略)・・・ただし、医学的な必要性がある場合には、局所麻酔剤又は神経破壊剤とそれ以外の薬剤を混合注射した場合においても神経ブロックとして算定できる。なお、この場合において、医学的必要性について診療報酬明細書に記載すること。

回答ありがとうございます。神経ブロックにて算定したいと思っているのですが、該当項目が分かりません。手根管症候群ですと正中神経ブロック(L100-7) 90点と分かったのですが、足根管症候群の神経ブロックの項目がどれになるのか分かりません。
よろしくお願いします。

関連する質問

解決済回答1

亜酸化窒素について

いつもお世話になっております。
医療事務初心者のため、初歩的なことではありますが、亜酸化窒素についてご質問があります。...

医科診療報酬 麻酔

解決済回答1

開放点滴式全身麻酔と酸素吸入

開放点滴式全身麻酔と酸素吸入の同時算定は出来るのでしょうか?
その際酸素吸入は術中になりますが、手術に伴う処置といことであれば算定不可ということでしょうか?

医科診療報酬 麻酔

受付中回答1

スガマデックス(ブリディオン)の取扱い

スガマデックスのように、筋弛緩状態からの回復を促す薬剤は、麻酔 薬剤として出来高算定できると考えて良いのでしょうか。

医科診療報酬 麻酔

受付中回答1

手術後の麻酔継続に関して

手術終了後、リカバリー室へ移動したのちに、麻酔を継続していた場合の算定方法を教えてください。

医科診療報酬 麻酔

解決済回答5

神経幹内注射の算定について

同日に複数部位にL102 神経幹内注射を行った場合、それぞれ算定は可能でしょうか?
それとも、主たるものの算定でしょうか?

医科診療報酬 麻酔

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。