診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

アルブミン製剤について

アルブミン製剤について

  • 受付中回答6
DPCで入院中の患者にアルブミン製剤の投与制限があるか教えてください。

回答

 DPCであっても、出来高であっても添付文書を遵守する必要があると思います。

1瓶3日間までと思われます。

血液製剤の使用は、病棟の種別を問わずガイドラインを遵守します。

 アルブミン製剤の投与は「血液製剤の使用指針」(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/0000161115.pdf)の11ページ「7. 使用上の注意点」に掲げられたリスクが伴い、アルブミン製剤の添付文書には重大な副作用としてショック、アナフィラキシー、発熱、顔面紅潮、蕁麻疹、悪寒、腰痛、頭痛、血圧低下、嘔気などが掲げられていますので、適正に使用する必要があります。また、DPC請求においてアルブミン製剤を適正に使用しないのは病院経営に大きな経済的損失を与えることになります。

 なお、ご回答に「1瓶3日間まで」というのがありますが、アルブミン使用量は患者の体重、疾患ごとのアルブミン濃度治療目標値によって認められる量が異なります。また、疾患毎の適正使用量(基準)を一覧にして公開している審査会もありますので一概に「1瓶3日間まで」ではありません。

請求上の制限は特にありません。
ただ、DPC包括されるので、病院が損をする額が大きくなるかと思います。薬剤の添付文書やガイドライン等を確認するのが良いかと思います。

請求上の制限は特にありません。
ただ、DPC包括されるので、病院が損をする額が大きくなるかと思います。薬剤の添付文書やガイドライン等を確認するのが良いかと思います。

回答する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。

関連する質問

受付中回答1

間接クームスと抗D人免疫グロブリン

Rh不適合の妊婦さんに、間接クームス採血施行後、同日に抗D人免疫グロブリン注射を投与する場合のみ保険適応と指導者から教わりました。...

医科診療報酬 注射

受付中回答1

ベクルリーの算定について

患者本人が抗原検査を行いCOVID陽性判定(家族COVID陽性)...

医科診療報酬 注射

解決済回答2

キイトルーダ 保険適用

はじめてトリプルネガティブ乳癌の患者に対してキイトルーダを投与しましたが、レセプトの適用欄に施設要件を記載するのは調べてわかりましたが医師要件も記載必要な...

医科診療報酬 注射

受付中回答5

中心静脈カテーテル施行時の点滴注射について

前月に中心静脈カテーテルを行っています。中心静脈注射の手技について調査してください。

上記の内容で返戻がきました。...

医科診療報酬 注射

受付中回答1

無菌製剤処理料について

㊿中心静脈注射用植込型カテーテル設置時、
同日に無菌製剤処理料1は算定可能ですか?

医科診療報酬 注射

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。