診療点数・診療報酬・レセプト・処方箋・薬価・添付文書のことを調べるならしろぼんねっと

乳腺の病理診断について

乳腺の病理診断について

  • 受付中回答2
いつもお世話になっております。
①乳腺の病理組織標本作製を行い、病理診断料の組織診断料を算定した後、月をまたいで免疫染色病理組織標本作製を算定する時に、組織診断料は算定可能でしょうか?
また、同じ検体でHER2遺伝子標本作製を行った場合、病理判断料を算定可能でしょうか?
②両側乳腺の病理組織標本作製を行った場合、1臓器として算定しますが、免疫染色病理組織標本作製は方測ごとに算定できますでさしょうか?

回答

①月跨ぎの場合であっても同一検体ならば1回の算定になると思います。また、病理診断料を算定した場合、病理判断料は算定出来ません。

②ご質問にある「方測ごと」とはどういう意味ですか?

回答いただきまして、ありがとうございます。
②について、すいません漢字が間違っていました。
左右の乳腺の病理組織に対して、それぞれ免疫染色病理組織標本作製を行った場合、免疫染色病理組織標本作製の点数を片側ずつ算定できますでしょうか?

 N002 免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製も通則(1)も病理標本作成料の1つであり、第13部 病理診断の通則5にて

5 対称器官に係る病理標本作製料の各区分の所定点数は、両側の器官の病理標本作製料に係る点数とする。

と規定されていますので、合わせて1回の算定になると思います。

早々にご回答いただきまして、ありがとうございます。
よく理解できました。

回答する

すべての方が気持ちよくご利用になれるよう、第三者に不快感を与える行為(誹謗中傷、暴言、宣伝行為など)、回答の強要、個人情報の公開(ご自身の情報であっても公開することはご遠慮ください)、特定ユーザーとの個人的なやり取りはやめましょう。これらの行為が見つかった場合は、投稿者の了承を得ることなく投稿を削除する場合があります。

関連する質問

受付中回答0

CLDN18タンパク免疫染色病理組織標本作製(2700点)とN002-3HER2タンパク(690点)又はN005のHER2遺伝子標本作製併算定について

① 進行胃癌・再発胃癌に対して、一次治療開始までに、併算定が認められると判断してよろしいでしょうか?
②...

医科診療報酬 病理診断

解決済回答1

CLDN18 タンパク免疫染色 の保険適用について

R6.5より「CLDN18 タンパク免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製」が保険適用となり、「N005-3 PD-L1...

医科診療報酬 病理診断

受付中回答2

N002 1「エストロジェンレセプター」と2「プロジェステロンレセプター」の適用疾患について

いつも参考にさせていただいております。
病理診断におけるN002...

医科診療報酬 病理診断

解決済回答2

MMRタンパク

MMRタンパクは、N005-4「ミスマッチ修復タンパク免疫染色」のことでしょうか。...

医科診療報酬 病理診断

解決済回答1

鼻茸の生検について

今回は、再診(初診時に鼻ファイバーで鼻茸確認施行済み)で好酸球性副鼻腔炎の疑いで鼻茸の生検を行いました。その時のレセプト入力内容・方法を教えて頂きたく存じ...

医科診療報酬 病理診断

わからないことがあったら、
気軽にすぐ質問しよう!

質問する

このコミュニティは、各種法令・通達が実務の現場で実際にはどう運用されているのか情報共有に使われることもあります。解釈に幅があるものや、関係機関や担当者によって対応が異なる可能性のあることを、唯一の正解であるかのように断言するのはお控えください。「しろぼんねっと」編集部は、投稿者の了承を得ることなく回答や質問を削除する場合があります。